ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog

苫米地英人博士のオフィシャルブログ --- Dr. Hideto Tomabechi's functional ringtone was featured in Discovery Channel. He heads Dr. Tomabechi Works. He also is an Adjuct Fellow at CyLab, Carnegie Mellon University.

永田議員引責辞職、ただあまりに一方的な落としどころはどうかと思うぞ

いわゆる堀江メールが偽者であったことは、報道されたいくつかの根拠からも、また私自身もコピーを確認したが、まず間違いないだろう。永田議員は、これで引責辞職ということになるということだが、騙された永田議員が「無能である」という批判は当然だが、あまりに一方的な落としどころもどうかと思うが。たとえば、武部幹事長の次男氏と堀江被告がつきあいがあったことは、ネット業界では知られた話だし、私自身も、堀江被告から直接聞いたことがある話だし。堀江被告が政界と付き合いがあったことは事実なわけだし。

P.S.山の手線LANの話とか、ネット選挙とかの話もあったわけだし。。。

そういえば、署名広告は、私の知財なんだけど、堀江君

堀江被告のメールの真偽の話題でテレビを見ていて、昨日のバンキシャで、堀江被告の過去のメールが写されているのをみて、おっとと思うことがあった。堀江被告の本物のメールであれば、メールの最後に、彼の著書の宣伝とURLのパス部が最後の署名部分に入っているという話だった。おっと、メールの署名に広告を入れるというのは、大分前から特許を出している私の知財だし、色々本とかにも書かれていることなのだけど。メールで広告をして唯一スパムにならない方法として、一時はUSのキャピタルがかなりの金額で買いにきたり、電通関連会社と本格的事業展開を検討したりとして、私の知財であることは、業界では周知のものなのだけど。ライブドアからは、ライセンス料はもらってないぞ。スパムや、メールの偽造が問題になる時代が来ることを何年か前に予想して、開発しておいた技術で、ライセンス先も少しづつ出てきたけど、堀江被告が既に使っているとは、テレビを見て初めて知ったぞ。あとで、ライセンス料を請求しようかな。大分後になるかな。

意図的に作られたメールの可能性も出てきた。堀江被告のメール

日本テレビのバンキシャを見たが、情報提供者が、ヘッダー情報から、X-Sender, X-Mailer情報のみ残したメールのプリントを提供しているところなどは、それらしく見せかけ、意図的に永田議員を騙すことを目的としてメールが提供された可能性も感じる。番組内容でもあったが、堀江被告が使っていたと推測される最新バージョンのEudoraから、X-Sender情報は付加されなくなったということであるから、少し過去に堀江被告からメールを受け取ったことのある人物がメールをねつ造した可能性も出てきた。ただ、これらのことは、インターネットメールプロトコルのエキスパートには分かっても、永田議員が認識することはできなかったであろうから、もしも彼が騙されていたとしても、永田議員を責めることはできない。

ルーティング情報などその他のインターネットヘッダー情報は、バンキシャで映っていたメールのコピーを見る限り公表されていなかったが、ヘッダー情報の全てを永田議員が手に入れていなかったとしても、もしも、真贋を見極める手助けが必要であれば、極秘裏に私に連絡を頂ければ、技術的に真贋を見極める手伝いを極秘で行うことはできる。

疑惑のメールは、ヘッダー情報を公表すべきだろう

民主党の永田氏が16日に明かにした、堀江被告が自民党の武部幹事長の次男への金銭振り込みを指示したとされるメールで国会が揺れ、昨夜は、民主党の野田国会対策委員長がメールの写しを公表したが、「情報提供者の保護」を理由に、送受信者のメールアドレスや名前などは塗りつぶし、公表を控えたということだ。

国民が興味を持っているのは、このメールの情報提供者が誰かではなく、このメールが本物かである。であれば、堀江君のメールであれば、Eudoraか、Becky!メールと推測されるが、メールのインターネットヘッダー情報を見れば、X-Mailer情報から、Eudora等のバージョン番号が特定できるから、堀江被告の押収されたパソコンのものと合致しているかも分かるはずであるし、ヘッダー内のJST時間入りのルーティング情報から、送信されたとされる時間にライブドア社内サーバを経由しているか、もしくはどこかのメールサーバを経由しているのも分かる。

従って、ヘッダー情報は公開すべきだ。勿論、ヘッダー情報の受信者名など受信者を特定する情報さえ黒塗りすれば、情報提供者は保護できる。

勿論、もしもメールが本物でなかった場合は、ヘッダー情報までも改竄されている可能性もあるので、これは、メッセージダイジェスト関数などを通したメールのやりとりをライブドア社内でしていない限り、最終的には、決着はつけられないが、プロがヘッダー情報を全部見れば、本物か偽物かは、かなりの確率で認定できるものである。

 

 

ところで、切込君は、最近ライブドア問題については漠然としか切込んでいないようだが、赤坂界隈で何をしているのなとふと気になった。

渋谷容疑者、起訴された

集団生活巡る事件、「呪文なかった」渋谷容疑者を起訴

本人が否認を続けたら、起訴するのは難しそうな事件だったが、落ちたようだ。

「呪文はなかった」、「私に占い能力はない」などと話しているという当局のリークから、立件の難しいマインドコントロール的な視点が今後の司法過程に入ることを避け、純粋な「脅迫の罪」とするという方針で行くということだろう。

一方、14日の報道にあった、同居女性が遺言書…渋谷容疑者が強要という話からは、カルト的な『出家』の匂いがプンプンする。実際の所は、真っ暗な部屋で裸電球といった、やってはいけないレベルの強い刺激の『凝視法』、黒い頭巾を被って、「霊がついている」などといって恐怖心を引き起こす、これもやってはいけない種類の『驚愕法』などを利用した古典的かつ、非倫理的な催眠誘導と、深夜の蝋燭による『凝視法』儀式や、マイナートランキライザなどを使った、催眠状態の固定化(アンカー化)、更には、「遺体を親族に渡すのを拒否する」、「死亡後の財産は渋谷容疑者に託す」などと書かれた遺言状を書かせるなどの、出家イニシエーションなど、典型的なカルト洗脳技法が用いられていたというのが、実態であろう。

 

 

闇の不正と闘う、東京地方検察庁特別捜査部長

大鶴基成東京地検特捜部長の文章をネットでみつけた。

闇の不正と闘う

キムタケ、講談社に勝訴だそうだ

講談社に500万円賠償命令 木村剛氏の週刊現代記事で

キムタケ、こと、日本振興銀行会長、木村剛氏が、講談社に勝訴したということだ。とはいうものの、朝日新聞に報じられた件については状況は変化していないようだ。
まだまだ、予断を許さないのでは。

 

東大和の集団生活、洗脳的な可能性がある

個別面談での催眠の利用と、催眠状態を固定させるための深夜の集団儀式は、洗脳的であることは間違いないだろう。

堀江社長がこのタイミングで逮捕、東京拘置所へとなったのは、

堀江社長以下4人がこのタイミングで異例のスピード逮捕されたのは、これ以上「自殺」者を出さないためとみた。沖縄での「自殺」事件が、彼らキーマンの身体を東京拘置所で早期に「守る」という判断になったのではないのか。

それとも、日本テレビのKプロデューサに口説かれて、テレビで堀江君がしゃべりまくるのを防ぎたかったのか?

ライブドア関連の証券会社副社長「自殺とみている」と発表

エイチ・エス証券副社長は自殺か、M&Aに関与

沖縄ではライブドアショックが話題になっていないのかも知れないが、堀江社長の会社の上場に尽力し、また、今回の事件の実体解明のキーマンのひとりと見られている人物の変死だから、「荒らされた様子がなかったことなどから」だけで自殺とみるのは早いような気もするが。勿論、状況からそれ以外の発表はしようもないのだろうが。

報道などを見ると、手首の傷以外にも腹部にも刺し傷があったということだし、自分自身で非常ブザーを鳴らしてから死亡したということだから、何か自殺という発表には違和感がある。また、東京の捜査関係者が出張旅費を申請して、捜査に一番行きづらい沖縄をわざわざ「自殺」地として選ぶ、警察的な事情にも詳しそうな事件場所も気になる。

心配な成り行きになってきた

ライブドア、関連の金融会社の元社長が沖縄で死体で発見

ということだ。何があったのだろう。

日本テレビK氏の堀江社長直電インタビュー

ライブドア強制捜査の日本テレビのニュース番組で、堀江社長を電話インタビューをしていたのは、つい最近のジェンキンズさんのドラマ『告白』のKプロデューサだ。彼は、オウム問題では、トップジャーナリストでもある。なんだが、彼は今は報道局員ではないはずなんだけどなあ。 堀江社長への電話インタビューの直前に赤坂で切込君と会っていたという情報もあるのだが。

W33SA 即買いだ。ワンセグ地上波デジタル放送、いいぞ。

NHKと民放7社が4月1日から開始の携帯電話向け地上波デジタル放送、「ワンセグ」対応の現在発売中の唯一の機種であるサンヨー製「W33SA」(AU)を購入した。既にワンセグは、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビが実験放送を開始していた。さすが、地上波デジタルでゴースト全くなし、室内でもキレイ。これは、売れそう。というわけで、現在、W33SAはどこのAUショップでも品薄らしい。ドコモもP901TVを出すらしいけど、現在、ワンセグ受信できる発売機種は全キャリアでAUのW33SAだけ。既に品薄状態だから、4月1日に向けて、今後さらに品薄になるのでは。というわけで、最寄りのAUショップにゴー。で、W33SAあったら、即、購入をお勧め。因みに、W33SAの内蔵サラウンドモードは効果がいい感じで、ワンセグTVを見るときは、サラウンド設定するといいぞ。ところで、色は、アドバンスブラウンを購入したけど、プログレスシルバーも悪くない。

BUBUKA2月号インタビュー記事

現在発売中のブブカ2月号に、『ラーメン屋の精神病理』というインタビュー記事が出ている。「ラーメンは合法ドラッグだ」という論を少し展開した。

日本振興銀行の木村剛会長、親族会社に1億7千万円を情実融資だそうだ

木村氏が会長の日本振興銀、親族会社に1億7千万円融資 という話が元旦の朝日新聞に出ていた。木村剛氏の妻が代表取締役で自分自身も取締役であった会社に、1億7千万円を、取締役会長というトップ職を務める「日本振興銀行」から融資したという話。朝日のスクープだ。(当局のリークと見るべきか?) また、担保も通常、銀行融資では単独で担保性を認められることのあり得ない非上場株式をあてていたという話。事実だとすると、これは、当時、日本振興銀行の現役取締役社長本人が、融資直前まで自分自身が100%株主で、取締役も占め、また融資実行時には、妻が取締役であり自身も大株主である親族会社への融資であったということから、明らかに利益相反取引だ。にも関わらず、融資の決済には木村氏自身が社長として加わったという。また、担保性の低い未上場株式を担保の融資であり、担保割れの可能性が極めて高い。朝日の記事どおりだとすると、商法上の特別背任並びに刑法上の背任に抵触する可能性がある。取締役の利益相反取引は、商法の規定により本人が議決に参加しない取締役会決議が必要である。もちろん、利益相反の融資の審査に本人が加わるというのは誤りだ。もしもそのような取締役会決議がなければ、それだけで商法違反となるはずだ。記事の内容が事実だとすると、当時、代表取締役社長の木村氏は、特別背任に相当する可能性がある。もしもそのような取締役会決議があったとしても、内容から、やはり特別背任に相当する可能性がある。また、その場合、決議した取締役も背任にあたる可能性がある。事実、真偽の程は定かではないが、金融庁のみならず、東京地検が動いているらしいという噂も最近聞いた。一般に特別背任事件であれば、資本金が5億円未満だと警察が動き、5億円を超えると地検が直接動く。もちろん、日本振興銀行は資本金43億円であり、5億円を遥かに上回っているのであり得る話ではある。通常、日本振興銀行クラスの融資は一件あたり、500万円から1000万円程度であり上限でも4000万円ということだから、1億7千万円という突出した金額も当然、問題となるだろう。ただ、朝日以外のマスコミがその後、これを報道していないのも気になる。

小泉・竹中「金融改革」で木村氏が活躍したことは間違いないが、そのすべてのプラスのポイントも今回の件が事実なら、すべてチャラどころか、大変なマイナスだ。木村氏のことは評価していたのだが、事実なら、大変、大変残念だ。金融再生プログラムで不良債権を減らす役割のはずが、自分の銀行では不良債権を自分あてに作っていたとなると、ジョークにもならない。もちろん、朝日の言っていることをそのまま鵜呑みにするつもりもないのだが。

ここまで書いたところで、木村氏自身が、ブログで、この件について言及しているのを発見した。氏の論理を乱暴なのを容赦してもらって、ごく単純に要旨をまとめると、日本振興銀行の融資は「情実融資」ではなく、「アームズ・レングス」で行っているという論理だ。氏のブログから引用すると、『「アームズ・レングス・ルール」というのは、関係者間の取引については、他のお客さまと同等のルールを適用しなければならない、というルールのことです。要するに、エコヒイキするなというルールです。』ということだ。つまり、ご自身の配偶者が代表取締役を務める会社であっても、決して、エコヒイキして融資したわけでないという主張だ。もしも、そうであるならば、他の会社にも、1億数千万円オーダの融資を、未上場株式を担保に融資しているぞという論理にも聞こえ、上にも書いたように、不良債権キラーの木村氏の基本的な立場に矛盾しているように感じる。また、日本振興銀行では、通常担保性を認められない未上場株式の中で、自行株式のみを、例外として担保性を認めたと朝日新聞の記事にあったが、これが事実なら、どうも、自分の銀行だけを「エコヒイキ」しているようにも感じ、「アームズ・レングス」でないように感じるのは私だけだろうか? 

ただ、私が注目しているのは、「エコヒイキ」しているか否かではない。たとえ、「エコヒイキ」していない「アームズ・レングス」の取引であろうとなかろうと、商法の規定で、株式会社である日本振興銀行の取締役が、自分が取締役である、(また配偶者が代表取締役である)会社との取引は「利益相反取引」であるということである。「エコヒイキ」か否かは関係なく、すべての「利益相反取引」は、特別利害人(つまり木村氏)が、決議に参加しない、取締役会決議が必要だということだ。もしも、そのような決議がなければ、その取引自体が、会社が認めたものではなく、特に、その特別利害人が代表取締役であった木村氏の場合は、特別背任にあたる可能性があるという点である。また、もしも、そのような取締役会決議があった場合にも、その取引が著しく会社に損害を与えるものであった場合は、やはり代表取締役の特別背任と、決議した役員全員の背任の可能性があるという商法上の事実である。この点については、利益相反取引であった親族会社への融資を承認する、木村氏が決議に参加しない取締役会決議があったか否かも含めて、木村氏にブログ上で是非、明らかにしてもらいたい。代表取締役ならびに取締役が行う取引は、例え、「エコヒイキ」ではなく、「アームズ・レングス・ルール」に則ったものでも、相手会社が自分が取締役であったり、支配的株主であったりする会社であれば、「利益相反取引」であり、配偶者が代表取締役ということも、十分、「利益相反」的であるということである。特に、融資の直前に、自分が有限会社の単独の取締役 (つまり株式会社の代表取締役)を退き、法人を株式会社化して、妻を代表取締役に据えたという行為が、両方の会社の代表取締役であるという、最も強度な「利益相反」性を間接化するために、意図的にしたものではないかという疑惑として見られる可能性について、十分説明される必要があるのではないだろうか。

つまり、氏のブログでの説明は、金融庁に対する、「融資は平等で、エコヒイキはなかった」という論理には聞こえるのだが、商法上の特別背任の可能性に対する説明にはなっていないと木村氏に指摘したい。

 

伊でミイラの呪い? ガイドや学者ら8人次々死亡という話−アイスマン「エッツィー」

伊でミイラの呪い? ガイドや学者ら8人次々死亡という記事を見つけたけど、8人目がどういう人かよく分からない。過去の7人目までの記事はあった。8人目の話知ってるひと教えて。

The curse of the iceman

'Ötzi Curse' Strikes Seventh Person

 

 

シチズンズカレッジで講演をする

4月19日にザ・シチズンズ・カレッジというところで、 「脳を洗う」というタイトルの講演をする。場所は大手町。

Gainer、インタビュー記事掲載

現在発売中の光文社発行のファッション雑誌Gainer 1月号にインタビュー記事が掲載されている。長渕剛さんの武道館ライブに遅刻しながらの短時間インタビューだった。

「男たちの大和」完成

角川春樹製作の映画「男たちの大和」完成披露試写会に招待されて行ってきた。素晴らしい出来であった。実は、ラッシュを見たことがあって、その時も素晴らしい出来に感動したのだが、今回は、音楽とCGが入って更に感動的であった。 戦後60年という節目に相応しい映画だ。反町隆史氏、中村獅童氏の舞台挨拶も最高であった。

ところで、とあるかつて国家公務員上級職トップだった「元官僚超お偉いさん」から最近聞いたのだが、大日本帝国の大本営参謀達は、巷で思われているように、軍人ではなかったということだ。実際は、大本営のトップ達は、官僚であったそうだ。東京裁判で絞首刑になったのは、東条英機元首相、広田弘毅元首相以外は、陸軍大将ならびに陸軍中将の軍人達であったが、当の大本営のトップ達は文民官僚として罪を逃れたばかりではなく、その後の戦後日本の運営に関わっているという話だ。結局、大本営の誤った日本の舵取りをしたのは、官僚で、その犠牲になったのが、日本国民であり、「男たちの大和」に描かれているような、若き軍人達だったという話を聞いた。

現在の日本の舵取りも現代版大本営の官僚達が行っているが、明らかに、かつてのNTT−ISDN化失策で代表されるような大失策をいくつも生み出している。このまま行くと官僚支配の日本は、かつての官僚大本営が大日本帝国を滅亡に導いたと同様な道をまた歩まされるのではないかと多いに心配である。

 

歌舞伎と舞踏の融合、素晴らしかった

中村福助和栗由紀夫藤間勘十郎中村芝のぶ といった蒼々たる出演者の舞踊詩劇「女と影」にご招待を受けて行ってきた。歌舞伎・日本舞踊と、「舞踏」の融合。いやあ、素晴らしかった。暗黒舞踏と言われた「舞踏」創始者の土方もあの世で喜んでいるに違いない。宗家ご本人達が、有志での企画だったけど、浄瑠璃、三味線、鳴物、箏も全て生演奏で、まともに皆さんのギャラ払ったら、とんでもない金額になったのだろう。はやばやとお年玉をもらった気分。

PSP音声入力機械翻訳ソフトTALKMAN

PSP用の音声入力型の機械翻訳ソフトTALKMANが、話題を呼んでいる。先週末から2,3人の人にその話しを聞いた。私の感想は、「CPUって速くなったんだな」ってところ。

学会以外ではあまり知られていないけれども、世界で最初の音声入力、音声出力の機械翻訳システム、つまり音声通訳システムを作ってデモしたのは、私。1986年だったと思う。カーネギーメロン大学(CMU)の機械翻訳研究所にいたとき。MTSummitという今でも続いている、機械翻訳の学会が、カーネギーメロンであって、そこでのデモ用に音声認識システムと音声合成システムの間に、CMUで開発していた機械翻訳システムをかまして、実際に稼働させた。もちろんLispで書いた。CMU Common Lisp。まだ、Javaを作ったJames Goslingが、CMUでEmacsを作ってた頃。「頭が痛い」とマイクにしゃべると"I have a headache"とかちゃんと音声合成して通訳したのだ。結構な会話をしっかりとこなした。CNNにも報道されたし、次の年の正月には、CMUの共同研究先の企業の一つの松下が日本でも発表してNHKとかでも報道されてた。もちろん、ソフトは我々のを利用して。音声認識ハードは、松下技研のだった。音声合成ハードウェアは、規則合成のMIT製のをベースにした、当時有名だった、DECTalk。

それは、現在でも続く、日本の国家プロジェクトATRの自動翻訳電話プロジェクトが開始して間もない頃で、ATRは、CMUの研究スポンサーでもあったから、「我々がこれから15年がかりで、音声通訳システムをやろうという国家プロジェクトを立ち上げたばかりのところで、もうできたみたいな発表されたら予算をとるのに迷惑だ」と怒られた。ライバルだったATTベル研究所やIBMワトソン研究所の研究員達も、このデモには大分ショックを受けていたらしい。当時としては、画期的な成果だった。もちろん、すごく速い計算機と、専用音声認識ハードウェア、専用音声合成ハードウェアのおかげも大分あるけど。それから約20年、今では、手のひらサイズのマシンとソフトウェアで同じようなことができる。CPUはずいぶん速くなったのだな。 それにFFTというかDCTとかも、携帯電話にでも入っているようなチップでリアルタイムの時代だ。でも、翻訳そのものについては、機械翻訳の精度は、実は20年前とそれ程変わっていないというのが本音。自然言語処理、そして人工知能のブレークスルーは、まだまだこれからだ。

先週、カーネギーメロン大学の計算機科学部長が来日した時、少し一緒に時間を過ごしたので、その時言われたのだけど、「君がCMUにいた頃は、自然言語処理は、米国ではあまり社会に目を向けられていなかったけど、現在は、大変な需要だぞ」ということだった。「確かに当時は、国防省ぐらいしか興味持ってくれなくて、当時もっと注目されてもっと予算が欲しかったので寂しいなあ」というコメントしたら、「20年もたって、注目を浴びる分野にいるなんてこれは学者としてすばらしくラッキーなことなのだぞ」といってくれた。

なんと、現在のGoogle Japanのトップは、彼の教え子だそうだ。つまり、私の後輩だ。というか、現在のUSのGoogleは、CMUのPh.D.で溢れかえっているそうだ。そういえば、CMUで隠れマルコフモデル(HMM)による音声認識で有名だったKai-Fu Leeは、Microsoft の Vice President 兼Microsoft Researchのトップだったけど、現在は、Googleに移っていて、確か、Microsoftは、GoogleをKai-Fuの仕事が競合規定に違反するとかで訴えてたのだと思う。自然言語処理研究者は、MSやGoole級の企業が取り合う時代だぞ。もちろん、私のところでも、MSもGoogleも腰抜かすようなプロジェクトを進めてるから、自然言語処理を本気でやってみたい計算機科学者がいれば、是非来て欲しい。もちろん、腕に覚えのあるプログラマー、ハッカーも募集中。(クラッカーではないので念のため。)

ところで、二世代前の(私がいた頃の)計算機科学部長のRaj Reddy教授は、11月25日に本田賞を受賞するそうだ。おめでとうございます。

 

 

 

da-is HAIR INTERNATIONAL

私の友人が経営する南青山の有名カリスマ美容室のda-is HAIR INTERNATIONALが、リニューアルしたという話し。超有名芸能人たちがお忍びで通っているお店。カリスマ氏たちはオーナーなので、お店のHPのスタイリスト紹介には、名前が出ていないのだけど、行ってみると、雑誌とかで有名なカリスマ氏達に会えるぞ。もちろん、有名人たちにも。私のブログを見たといえば、割引してもらえるはず。

長渕剛さんのライブ最高でした。

長渕剛さんの武道館のライブに行ってきた。 もちろん、満員。アリーナで堪能。感動した。

フルブライト留学制度50周年

フルブライト留学制度50周年記念も兼ねた、フルブライト奨学生の同窓会に行ってきた。 同窓会は、1955年からの大先輩らが集まり、85年の私が最年少だった。全額給付生の一人として、私も幹事の末席にいれていただいたが、幹事の先輩らは、明石政府代表や、政府超高級官僚やらの蒼々たる面々で、フルブライトって凄かったのだなとつくづく思った。

ところで、フルブライト上院議員の自伝は一読の価値あり。

 

SkypeVideo日本でもご披露

SkypeVideoが国内でも発表されたとのこと。US版は見たことがあるぞ。CODECとかのレベルについては、ノーコメントとしておく。

因みに、我々のグループもSkypeより大分前に、P2P版ビデオチャットシステムは実用化しているぞ。日本国内へのライセンスも検討しているところ。

Tech総研、リクナビ-苫米地英人インタビュー記事

リクルートのリクナビ、Tech総研にインタビュー記事がでた。 感想も入れてあげて。

因みに私のプロジェクトでも、Lispハッカーやネットワークエンジニアは募集してるぞ。未来を一緒に作りたい人はどうぞ。

Google Talk

72ad17a1.jpg SkypeのWindows Mobile版の話をコンサルタントとかとしていると、必ず話題になるのは、eBayのSkype買収と、GoogleによるSkypeもどき新サービスのGoogle talkによる、P2P電話通信への参入の話題。ところが、なぜか、皆さん、Google talkは見たことがないというので、私のPCの上で動いてるピンぼけ画像をアップ。なぜかなと思って、Google talkのページを見てみると、どうやらUSユーザにしか、ベータテスト版を提供していないらしい。因みに、Google talkのサポートページはここ。色々情報があるので、興味あるひとはどうぞ。 eBay/Skype対Googleの展開で、これからのP2Pはますます面白そう。

iPAQ hx4700 スタンダードVGAとリアルVGAの比較。

2cf1e9a9.jpg 左側が、日本HP iPAQ hx4700 で、スタンダードSE VGA表示。右側が US HP iPAQ 4705を日本語化して、リアルVGA化したもの。大分見え方が違うのが分かる。 因みに、リアルVGA化用のSE_VGAソフトは、英語ROM用専用のようだ。

HP iPAQ hx4705 (hx4700) リアルVGA化

ついでに、US版hx4705に、ここに出ていた、リアルVGA化もやってみた。
フォントはかなり小さいけど、しっかりフルのブラウザ画面が綺麗にまるまる読める。
これは、いい。今後は、US版 iPAQ hx4705は、リアルVGAで使うことにして、日本HP
から購入した、正式日本版 HP iPAQ hx4700は、通常のデフォルトVGAモードで使うことにしよう。

hx4705にATOK導入

日本語化したUS版のHP iPAQ hx4705だけど、
日本語入力をできるようにすることにした。そこで、
当たり前だけど、「最強のかな漢」ATOKを導入。
とりあえず、日本語化したUSモデル用に1ライセンスだけ購入
Pocket PC用ATOKは、以下でダウンロード購入できる。
http://www.justsystem.co.jp/atok/atok_ppc/?w=at

既にATOKユーザなので、4515円。それにポイント値引きで、
3515円。これは、お買い得。
とはいっても、ATOKを私が購入というのも、買うときはいつもながら、
なんか複雑な気持ち。


ずっと籠もってた。その間、hx4705日本語化

某プロジェクトでの頼まれごとでずっと、籠もっていた。
ようやく、一段落。これについては、1,2ヶ月後に記者会見を開く予定。

因みに、この間に、日本版のHP iPAQ hx4700も届き、こちらでも、Skypeも順調に稼働。また、英語版HP hx4705も日本語化成功。これは、超簡単だった。
(とりあえずは、読むだけの日本語化だけど)。

http://www.geocities.jp/asukal_trader/Localize/localizecab.htm
にある
★PPC2003/PPC2003se 日本語化★
をダウンロード、

PC側のMicrosoft ActiveSync で、ダウンロードした、
Asukal Lets Japan.cab をhx4705側に転送、(ipaq File Storeに入れた)、そして、これをシングルタップで、自動インストール開始。あっという間に終了。これで、Settingの RegionalSetting に Japanese (Japan)が選択できるようになるので、これを選択。
これだけ。


海外テレビクルー来日

米大手テレビ会社のクルーが来日。取材を受けている。脳機能着うたを中心に丸二日かけての、みっちり取材。かなり面白い企画になりそうだ。

来年予定の舞台に卒業生も入れる予定

モアーズ・アクトドライブで開始する タレント、アーティスト養成のスタニスラフスキーシステム新クラスだけど、予定している来年の舞台に、クラスの卒業生からも俳優・女優としての道を開く予 定。現在シナリオ執筆中。もともと、モアーズ・アクトドライブは大手プロダクションとも提携しているし、歌手や俳優・女優としてデビューを目指している ひとには、特に有利だと思う。 また、現在、新しいテイストの連ドラの企画も進行しているので、そちら向けの訓練もする予定。

俳優・歌手養成クラス開講

有名アーティストを沢山輩出した名門スクールのモアーズ・アクトライブで、歌手、女優/俳優養成の特別クラスに苫米地メソッドが採用されたということ。私が教えていたクラスの師範代が教えるそうなので、俳優、タレント、歌手志望のひとは、試してみて欲しい。モアーズ・アクトドライブのHPのトップページの「癒しとリラクゼーションの表現・藝術コース」というリンクに説明ページがある。私 も特別講師として、月一度呼ばれているので、顔を出す予定。無償ボランティアだけど。

 モアーズ・アクトドライブのカラーとして、癒しとリラクセーションと いうトピックになっているけれど、私が顔を出すときは、本格的にスタニスラフスキーシステムをベースとした演技の指導をしようと思っている。

ひと仕事終わり

f90be592.jpg

空気もきれい

7f2240c7.jpg

結構いい天気

062793dd.jpg

休憩中

19e0a1fd.jpg

hx4705で、Skype Out、ドコモもNTT東西もやばいのでは

e5b397f1.jpg マクロモードのない海外ローミング用のVodafoneの内蔵カメラで、写真を撮ってるので、こういう時は、思いっきりピンぼけ。これは、今日、CompUSAで購入した、HP iPAQ hx4705.。HPの最高スペックのPocket PC。ちなみに、Pocket PCとは、OSがWindows MobileのPDAのこと。Windows Mobileは、組み込み用OSのWindows CEをベースにモバイル用にしたもの。ちなみに、この機種に入っているのは、 Windows Mobile™ 2003 - Premium Edition というやつだそうだ。写真で青く光ってるのは、WiFi接続中というランプ。

 なんで、これ買ったかというと、朝方、ネットで、日本HPに、これの日本版と思われるやつ (日本仕様の型番は最新US機種のhx4705ではなく、去年の夏頃出たhx4700のままなのだけど)を、50台限定、GPS付きキャンペーンでオーダしたのだけど、納期未定といわれて、待ってられなかったから。これは、599ドルだったのだけど、オプションのアダプターやらトラベルキットやら、しまいには、US地域用のPHAROSのGPSとかまで買ったら、結局更にプラス1000ドルだった。HP商法恐るべし。

そういえば、今朝日本HPにオーダした、日本地域GPS付きのも、オプションとかで20万円になってたぞ。同じPDAを二台英語版と日本語版買わせて、30万円以上、ちゃりんだから、HP商法恐るべし。というか、買う方の問題か?ジャストシステム基礎研究所時代に、シリコンバレーにいると、毎日がこんな調子で、浮川初子専務と経理には大分迷惑をかけたのを思い出した。今は、自費だけど、ちなみに。

 もちろん、現在進行中のプロジェクトで、VGA対応で、WiFi内蔵のCPUの速いPDAを探してたから、まあ、必要投資といえば、そうだけど。ただ、今回やってみたかったのは、Skype In が、Pocket PCに対応したというので、これを、やってみたかった。それが、写真の様子。ピンぼけだけど、PCのSkypeあげた時の雰囲気に似てるでしょう。まずは、スタンダードなケーブルで繋ぐヘッドセットを使って、自分の携帯電話から、Skype In してみた。全く普通に動く。嬉しい。

Skype は一度使い始めると離せない程いいけど、やっぱり、相手が、Skypeを使ってることを前提にできないから、Skype In と Skype Out ができなきゃ、価値が半減。それで、Pocket PCで、Skype Inできるようになったのは、大変いいこと。念の為、解説しておくと、Skype In は、自分の電話番号をひとつとって、そこに電話してもらうと、そこからネットに転送されて、自分のパソコンのSkype につながるサービス。自分が日本にいても、サンフランシスコにSkype Inの番号を持っていれば、サンフランシスコのひとは、ローカル電話代だけで、こちらに電話をかけることができるわけ。現在Skypeでは、アメリカの大体の都市と、ヨーロッパで、イギリス、フランス、フィンランド、デンマーク等の主要都市で、Skype In の電話番号をとれる。香港もSkype Inができる。電話番号使用料が年間30ユーロ、3千数百円かな。ちなみに、Skype In は、日本はだめ。Skype Outは、逆に、自分のパソコンのSkypeから、携帯電話や固定電話に電話できるサービス。1分1円ちょっとぐらい。このSkype In と Skype Outができると、電話本気でいらない。

次に、hx4705に、bluetooth のヘッドセットを認識させて、Skype Outをトライ。当たり前だけど、ちゃんと動いた。大変嬉しい。 

 bluetooth をやめて、内蔵のマイクとスピーカで、また、Skype Out。それで、はたと気がついた。hx4705はスピーカが右上、マイクが右下についてる。だから、hx4705を頬にあてて、まるで、少し大きめの携帯電話を持ったような感じで、電話をかけるかっこになる。これって、完全に、IP携帯電話だよね。それもP2P版の。現在いろんな会社が、WiFiをいたるところに、つけるというのを始めてるけど、それが実現したら、携帯電話は全くいらなくなる。もちろん、固定電話も。Skype同士はただだし、固定電話や携帯電話へは、全世界どこへでも1分0.01ユーロ、(1.5円ぐらい)、だったっけ? そんなもの。 というか、Pocket PCにSkype いれたら、すでにそれが実現してしまっているよ。WiFiでなくても、PHSのデータ通信でも音声帯域なら余裕だし。

現時点での、一つ問題は、日本では、Skype Inサービスがないので、かけてくれる相手は、こちらが取っているアメリカとかヨーロッパの電話番号に国際電話してもらわなければ、いけないこと。これは、相手に思いっきり迷惑だ。

今回のhx4705でのSkype 使用感から分かったのは、日本でSkype In 認めたら、ドコモも、AUも、Vodafoneも、NTT東日本も、NTT西日本も、IP電話やってる会社も、みんな、大変なことになる。正直つぶれるんじゃないという感想。でも、アメリカもヨーロッパも、Skype In 認めてるし、やっぱり、認めるべきなのでは。。。。

 

こんな大それたことが、現実に起きつつあることを実感できただけでも、千数百ドルx2の投資は安かったな(と思いたい。。)

 

Pocket PCでSkypeしようか

日本HPのサイト見てたら、これよさそう。US版のhx4705と基本的に同じとみた。CPUも同じIntel XScale 624MHzのようだし、GPSはいるかどうか分からないけど、Pocket PC用Skypeは、「400 MHz 以上の XScale プロセッサ」 という条件だから、余裕でいける。帰国後、USにSkype Outするのに便利そうだから、一台オーダ。納期未定というとこがちょっと不安。で、トップページよく見たら、限定50台で、28日正午販売スタートと書 いてあった。たまたま、発見して、オーダしちゃったけど、今、日本時間で11時45分のはずだから、発売開始直前にオーダできちゃったのだろうか? だか ら、納期未定な のかな。
 というわけで、今なら、限定50台間に合いますよ。(日本HPならびにUS HPとは、特に関係ないので、念のため −IRRとか計算できるMBA 向きポケットコンピュータは、1983年頃から使ってたけど。あと、Unixがちょっと違うワークステーションにはお世話になった記憶あるけど)。


小幡先生、ご紹介ありがとう、気がついてないでごめん

トラックバック禁止にしてたので、気がつかなかったのだけど、元大蔵官僚、慶応大学の小幡教授が私の電子透かし技術の話をしてくれていた。今頃、気がついた。小幡先生、ごめん。 というわけで、トラックバックできないのは不便という意見が増えてきたので、トラックバックを暫定的に再開する。といっても、今まで通り、アダルト禁止、匿名サイトからのトラックバック禁止なので、そこはよろしく。 



P.S. 小幡先生、約束のエルメスのタイは、東京においてあるから。帰国後、六本木に来ていただけるといいのだけど。

HPノートPC結構いい。本音はUS仕様買ってきて、日本語化だけど

日本HP、ノートPC/PDA向けのモバイル製品専用サポートサービス開始

HP(/Compaq)のPCってかなりいいんだよね。ただ、日本仕様のノートパソコン製品は、アメリカ仕様の、Intel(R) Pentium(R) 4 650 w/HT Technology, 3.4GHz 内蔵のzd8000シリーズが1600ドルからあるのに比べると、CPUが速いのは高い。

というか、これは、HPだけの話ではなくて、日本市場のノートパソコンって、メーカはどこも、CPUが同じ処理速度だと、常にUS仕様より、実質3割ぐらい高い気がする。デザインとか内蔵オプションとかで一概には言えないけど。

実際は、日本のノートPCは、Pentium(R) M が主流だから、クロック周波数だけでぇはいえないので、、実質換算してみてるんだけど。Pentium Mは、Pentium 4より5割ぐらい速いといわれてるから、CPU処理速度だけでいうと、Pentium 4 3.4GHzに相当するのは、Pentium M 2.2GHzぐらいだと思うけど、そのクラスの日本のノートパソコンは、25万円から30万円はするでしょう。USのHP zd8000が定価1599ドルというのは思いっきり安い。更に、CompUSAとかでは値引きしてるし。それに、このモデルは、17インチWXGAワイ ド液晶付きだよ。安いよ。一台一昨日買ってしまった。

日本人の新しもの好きと、デザイン重視で、Pentium Mを日本市場に高く売って、売れ残りそうな、Penium 4ハイエンドを、ダイレクト通販とかCompUSA用に大量に安くばらまいているのではと思う。特にUSでは、チップの種類よりも、クロックサイクルだけ で、比べて店頭で買う人多そうだから。車の排気量みたいに、単純に大きい方が速そうっていう発想かな。といっても、最近のUS市場のPentium 4マシンは、ずいぶん薄くて、軽くなった。(もちろん、省電力型のPentium M内蔵マシンよりは大分大きいけど)。

これって、インテルの政策か?

というわけで、僕は、USにいるとき、帰国前日ぐらいに、US版のノートPCの最速のを買って帰ることが多い。(移動が多いからソフト入れてないノートPCはただの重りだから、できるだけ最後の日に買う。もしくは最後のホテルに着いてから。)

ちなみに、現在のWindows XPの場合は、別にOSに日本語Windows入れなくても全然日本語化は大丈夫。英語WindowsのRegional and Language Options のadvancedタグで、Language for non-Unicode programs を Japanese にするだけ。USで、大分流行ってきている、Windows Media Center でもやってみたけど、全くこれで大丈夫。(とはいってもWindows Media Centerパソコン内蔵のチューナとかは、日本で役にたつのかどうか知らないけど)。ちゃんとUS仕様のWindowsXP/Media Centerにも、日本語のかな漢字変換のMSIMEが最初から内蔵されてるぞ。OSのメニューそのものは、英語のままだけど、普通に日本版オフィス、イ ンストールできるし、普通に日本のソフト使ってる分には全く同じ。

私のPCの場合、出張先や出張してきたアメリカ人の仲間がちょっと使わせてということが多いから、OSの基本メニューが英語の方がかえって喜ばれるし。

US版の最新最速ノートPCを大量に安くUSの量販店から仕入れて、日本語化(といっても上記の作業だけだけど)をしたマシンを売れば、いい商売になるのでは? そういう、外圧?で、日本向けのマシン用の最速CPUが沢山、安く入ってくるといいのだけど。

ちなみに、USのパソコンで、日本語のサイト読むだけなら、上記の作業は何もいらない。単に日本語のサイトを最初に訪れたときに、IEが勝手に、日本語パックのインストールを促してくれる。たまに、中国とか韓国のサイトに飛ばされてそういう経験しているひとはいると思う。

ところで、日本市場モデルのHPで僕が買うとしたら、AMD Turion(TM) 64 2.2GHz内蔵のnx6125かな。15万円だよ。 (Turion 64はPentium Mの対抗馬だよ、念の為)。これは安い。ちょっと残念なのは、Lisp走らせてる僕としては、RAMは1GB欲しいんだよね。そうすると、20万円になっ ちゃうこと。うーん、やはり日本市場向けモデルはちょっと割高かな。(おそらく日本市場向けも、US市場向けも、中国製だと思うけど、この価格差は、何か な?)

 

因みに、明日、こちらのCompUSAで買おうと思ってるのが、US版のHPのdv1340us というモデル。 Intel Pentium M processor 750 (1.86GHz) 、 1024MB DDR SDRAM、 100GB hard drive

で、1499ドル。これはお買い得でしょ。日本市場のメーカ品で、16万円程度で、Penium M 1.86GHzにRAM1ギガで、ハードディスク100ギガというのを探してごらん。ないでしょう。なんと言ってもHPのデザインは最高だし。

 

ところで、女性読者から私のブログは専門用語ばかりで、よく分からないというメールを頂いた。確かに読み返してみると、最近は、そういわれてもしょ うがないかも。とはいっても、これらは、専門用語ではなくて、パソコン用語だけど。ほんとの専門分野の「専門用語」は使ったことないけど。大体それって英 語だし。ただ、今日あたりの文章は、おたっきーといわれてもしょうがないかも。今後の、ブログの方向性をちょっと考慮中。ご意見があったら、コメント欄か メールでどうぞ。

 

こちらはいい天気

41587afb.jpg

休憩中

346d0586.jpg

「アルカイダの次の標的は日本」

仏テロ捜査指揮官「アルカイダの次の標的は日本」

現状を分析すれば当然といえば当然の論理。対テロ意識が日本は低すぎ。

 

Google Talk優秀

GoogleのスカイプもどきのGoogle Talk 使ってみてるけど、結構優秀。Skypeのいいところは、最初、UDPのP2P接続試して、だめならTCPにしてみて、それでもだめならP2Pあきらめてサーバ経由にするとか、動的な判断をしながら接続をしているので、FirewallでもNATでもなんでも通るところなのだが、(TCPを通してるときは、後ろで音楽とか流すと劣化がすごいのですぐわかるぞ) これは、世界中に超高速サーバを置いてこそできる力業。なんてったって、世界中に4000万人のユーザだぞ。常に300万人ぐらいオンラインだし。

つまり、基本は、UDP/IPのP2P 技術なんだけど、P2Pがだめなら、いつでもサーバ経由のTCP/IPに動的に変われるところがスカイプで、そのために、実は、サーバが世界中で大量に動いている。これに対抗馬でドンと出てこれるところといったら、もちろん、Googleぐらいかな、なんだけど、早速、Google Talkもまもなく市場に本格導入されるようだ。スカイプ買収に手を出すか、自分で対抗場を出すかを、スーパー大手?たちは、考えてきたのだろうけど、Googleは、独自路線できた。Hotmail 等からかなり乗り換えが出ている Gmailと統合されてるから、Gmailユーザには、便利かも。

 ただ、Skype Out やSkype Inにあたる機能はGoogle Talkにはまだまだこれからなので、ここが、当面のSkypeの差別化かな。 どこかが、Skype買うらしいし、大規模投資で、独走すべきだろう。日本は、電話事業会社の反対なのか、Skype In が全然始まらないけど、早く、Skype In始めないと、Google来るぞ、堀江君。がんばって。

ところで、Skype Videoがなかなか、ちゃんとしたのを出してこないので、自分たちで、ちょっと、ミリタリレベルの次世代動的技術突っ込んだりして、ビデオ版のスカイプもどきを試しに、作ってみたけど、かなりしっかり動いてる。もちろん、こういった動的処理を更に強力に動的オブジェクト指向でしてあるぞ。近々発表する予定。 Skypeより先に、ただで、世界中にばらまこうかとかも、考えてる。堀江君どうしようか?

きっと、こういうのが始まると、まず、アダルト系が最初に飛びつくのだろうな。

近々発売の男性ファッション誌、SENSEにビデオ版スカイプもどきの話をしたのが、ちょっと、記事になってるぞ。



と書きながら、堀江社長にトラックバックしたら、トラックバックできなくなっている?夏休みかな? それとも、忙しいのかな? 日本をしばらく離れてるから、事情がよく分からないぞ。  携帯にSkype Outしたら迷惑かな???


Thundirbird優秀

ブラウザのFirefox に加えて、メールソフトも、Thundirbird に乗り換えた。一週間ほど使ってみたけどかなり優秀。特に、SPAMフィルタの学習機能は精度が高い。今後は、Thundirbirdに乗り換える。

 あとは、Powerpointの代わりの優秀なのがあれば、Unix時代に戻れるかな。本音は、GUIより、キーボードコマンドの方が早くて楽なんだけど。エディターは今でもEMACS(というかMeadow)。

 あれっ、Firefox, ThundirbirdでOSはMachだったら、それってAppleでいいのかな。 そうなると、「ことえり」作り直しかな。

 MacってACID動くんだっけ?

フランス政府、飛行禁止航空会社を公表へ

飛行禁止航空会社を公表へ、フランス

こういうところは、フランス政府ははやい。同様に、フランスではカルト(セクト)は政府が認定して公表している。日本の大手も認定されているのは有名な話。政府の一方的な解釈、認定とはいえ、公表している以上、あえて、そのエアラインを選んだり、宗派に入ったりして、何かあっても、後は自己責任でという立場。

お節介なところは、異常におせっかいで、何かあったら無責任という政府よりは大分いい。

ちょっと開放された

8a73ce71.jpg

 

ずっと、籠もってた。

今日からちょっと移動

75c20c0e.jpg
livedoor プロフィール

DrTomabechi

















苫米地英人公式サイト
http://www.hidetotomabechi.com/


Facebook

BWFインターナショナル
各地のPX2セミナー情報
http://bwf.or.jp/

TPIジャパン
TPIEディプロマクラス
http://www.tpijapan.org//

TICEコーチング
http://www.ticecoach.org/

苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp/

コグニティブリサーチラボ
http://www.crl.co.jp/















公式オリジナル電子書籍
電子書籍のリストは、

http://www.hidetotomabechi.com/category/dbook/


上記にない最新のコグニティブリサーチラボ刊行の電子書籍は以下、

http://www.crl.co.jp/books.html


サイゾー刊行の電子書籍は、以下のサイゾー->メディア事業->電子書籍

http://cyzo.co.jp/book/tomabechi/

携帯からはQRコードで
QRコード
ロシアテレビ局
出演インタビュー
Interview
Russian TV Station
≪В. Гости≫
Хидето Томабэчи.
1df6d75f.jpg


1df6d75f.jpg

1df6d75f.jpg

0f4bfebc.jpg

0dace6fd.jpg
無料メルマガ登録
人生が変わる!
ドクター苫米地の
7日間動画コーチング
メールアドレス:
11月のクラブ苫米地
clubtomabechi
・フォートトークの追加機能について
・アフガニスタンの情勢
・今後の世界は...2021-日本の立ち回り方-
・小型原子炉
その他

ニコ動苫米地英人ブロマガ
献金サイト
『日本買収計画』(サイゾー刊) http://amzn.to/Zsx1CUなどで展開している政策実現のための献金サイトが出来た。詳しくは、『日本買収計画』を、是非読んで欲しい。国民ひとりコーヒー一杯分で日本を国民の手に取り戻す。国民がインターネットで重要政策に直前投票出来る国民国会の設立など。一口300円から受け付けてる。上限は一人年間150万円。年間2,000円を超える寄附は所定の手続きにより所得控除を受けることができる。リクエストが多かったゆうちょ銀行対応

http://www.hidetotomabechi.net/

ワークス公式DVD発売中

“第27弾DVD

“第26弾DVD

“第25弾DVD

“第24弾DVD

“第23弾DVD

“第22弾DVD

第21弾DVD 特別相伝:
超時空構築内省的自我への意識鍛練

“第20弾DVD

“第19弾DVD

“第18弾DVD

“第17弾DVD 分散動的自己構成エネルジーア自律知能化と生命素粒子そして進化"

“第16弾DVD 可能世界ペネトレーション超時空因果再構成の認識と意識"

“第15弾DVD 超時空中密サマージャと超次元オルデン抽象コード"

“第14弾DVD サトリ超次元空間クライミングと抽象度ポテンシャル脱抑制の秘伝"

“第13弾DVD グランドクロスブッダの階梯"

“第12弾DVD 超次元ゲシュタルト構築の奥義"

“第11弾DVD 21世紀の密教実践"

“第10弾DVD 超情報場高次ムドラーとグローバルタントラの包摂"

“第9弾DVD 超越視点の獲得と覚醒"

第8弾DVD 縁起の実践とアプリオリの超越

第7弾DVD 自在観時空マニフォールドと空なる視点の構築

第6弾DVD 空の包摂:西洋汎神と東洋縁起と中観

第5弾DVD 仮空中と超越

第4弾DVD 人類の進化と超情報場

第3弾DVD 現実からの覚醒

第2弾DVD 空の理解と体得

第1弾DVD 超情報場仮説

ワークス参加者必須DVD

ドクター苫米地ワークス
「超情報場仮説」
全てのDVDの基本知識!ワークス参加者も必須!!
http://www.maxpec.net/dvd1/
SNS
苫米地英人Page
Twitterフォローはこちら
原稿執筆、講演、講義、
取材等の依頼は、
tomabechi.pr@gmail.com


苫米地英人ケータイ公式:
http://dr-tomabechi.jp/
PCからは、http://www.forestpub.co.jp/mobile_dr/

最強の英語脳プログラム「ブレインラーニング」


ドクター苫米地ワークスクラス随時募集


全くの初心者でも学べるカリキュラム。
勿論上級者にも内容は濃い。
毎月一回のペース。
日程はブログに案内。

私の出張などで日程が変更になることもある。都合が合わず出られない日は、翌月以降の参加で構わない。クラスは、通常の『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。下記をよく読んでからクラスをお選びを。

クラスは13時から20時半。最初の3,4時間は各分野で経験豊かな師範代による講義と実技。その後私の直接指導による講義と実技。内部表現書き換えは、スポーツや武術のように、実技を徹底して練習することで上手くなる。実技時間を長くするために、基本講義をDVDにしてあるので、ワークスDVDを見てから参加して欲しい。基礎理論のワークスDVDのサイトは http://www.maxpec.net/dvd1/index.html 。また、DVDの内容もクラスでしっかり解説するので、DVDが良く分からない人でも参加して大丈夫。 ワークスDVDの視聴は必須ではないが、クラス参加後になっても、最低でも第一弾と第二弾を見て、理論をしっかり理解して欲しい。最近顕著に初心者に教えるノウハウも進化している。また、最近内容が更に進化しているので、過去の卒業生にも是非再受講を勧める。

shihandai3 ワークスクラスは、無意識レベルの対人技術を徹底的に学ぶ。臨床心理系の人にも有用。

統合内部表現の書換えを技術を指導する。更に空手、合気道、柔道、中国拳法などの師範で、古武術の鍛錬を積んだ師範代達による非言語内部表現の書換を指導する。もちろん、安全な環境での実技指導であり、女性や高齢者でも全く問題はない。総合医療的なアプローチに加えて、東洋医学的な医療気功と古武術の関係についても探求する。

Kickもちろん、特別テーマに合わせて、通常のドクター苫米地ワークスプログラムである苫米地流のあらゆる内部表現の書換技術も習得する。

クラスでは、書籍に出来ない技術を教えるので守秘義務が果たされる。


全てのクラスは、医師、歯科医師、臨床心理士、看護士、鍼灸師など広く臨床家にも有用なクラスになる。もちろんコーチングの実践者や弁護士、会計士などのプロフェッショナルにも有用。また、教育関係者にも有用だ。参加資格は特に限定していない。個別に判断して参加をお断りするケースはある。医師、歯科医師、針灸師などの医療系国家資格取得者は更に、併設するドクター苫米地ワークスメディカルコミュニティにメンバー参加することができる。臨床心理士も参加可能。

各日の予定講習時間が13時から20時半。これまでのカリキュラム設計から推測して、各日の進捗状況によっては終了が22時ぐらいになることがあり得るので、地方からの参加者はご注意を。終電の都合などのやむを得ない理由の早退はクラス初日に開始日に申告があれば認められる。カリキュラムを各生徒のレベルと進捗に合わせて随時設計、修正するので、クラス初日に申告のない遅刻、早退は一切認められない。クラス中の体調不良による早退については、常に複数の医師が参加しているので、状況での判断となる。

遅刻の場合、ならびに体調が万全でない場合は、欠席して、後の日程に参加のこと。欠席日は、6ヶ月以内の任意のクラス日程、または、補習日程に参加することができる。クラスは『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、
『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。

ドクター苫米地ワークスクラス、3日または5日の通常カリキュラムに加えて、長期記憶に介入するトラウマ介入の技術や、より高度な臨床認知心理技法を学ぶライセンスクラス、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』カリキュラム。VMPFC (ventromedial prefrontal cortex、前頭前野腹内側部)とDLPFC (dorsolateral prefrontal cortex、前頭前野背外側部)に働きかける認知心理技法の専門家を育てるクラス。不安やクライシス時心理、トラウマ、依存などのテーマも含まれる。また、いわゆる『脱洗脳』の技術も学ぶ。クライシスサイコロジーも含まれる。


また『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』はさらに汎用な上級クラス。これは内弟子に相当する位置づけ。内部表現書き換えなどのスキルと私の代わりにクラスを教える資質が確認された時点でのみ資格が授与される。

私のクラスで教える技術は、公開していない深く内部表現を書き換える技術が含まれており、参加者全員に厳しい守秘義務を果たしている。また、クラス内容に関する問い合わせにも一切答えていない。

最終日には、機能音源と生演奏による大周天気功法も行なう予定。これは、カリキュラムの進捗ではやらない場合もある。

ドクター苫米地ワークスクラスのお問い合わせは、以下のメールアドレスへ。gmailからのメール返信がスパムフィルターされることがあるのでご注意を。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お問い合わせを。ただクラス内容についてのお問い合わせは受付けていない。このブログ並びにドクター苫米地ワークスDVDの内容からご判断を。延べ1500人を超える医療系並びに一般参加者の両方から内容については常に高評価を受けている。ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされることを事前に了承したひとのみお問い合わせを。

実技中心のクラスなので、ワークスDVDは第4作まで見終わってから参加して欲しい。ただ、間に合わない場合も、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。ワークスDVDのサイトは、 http://www.maxpec.net/

VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスでカバーするクライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。ただ、震災から長く経ち、トラウマ記憶が既に長期記憶化してる場合が多く、VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスは、長期記憶を防ぐ介入的方法と、長期記憶化されてしまったトラウマ記憶に介入的に働きかける両方の方法を学ぶ。

クライシスサイコロジーの定義は、米国CDC(疾病予防管理センター)に定義がある。

医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。


受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。



ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』と『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。また、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。



追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えてコーチングの資格を認定するもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。



人気動画:

博士の自由な対談約1時間50分



ニコ動e国政対談約2時間


Tech総研インタビュー


・コグニティブリサーチラボのiPhone・ipod touchアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

『望む未来を本当に実現する脳と心のプログラム』発売中全て私の声で吹き込んである。CD2枚組版とダウンロード版がある。音学.comのページからダウンロードできる。





Dr. Hideto Tomabechi can be
contacted in English at:
tomabechi.pr@gmail.com



フォレスト出版から『英語脳』DVDが発売中。
購入は以下のサイトか全国の書店で出来る。

http://www.forestpub.co.jp/eigo7/


特にアクセスが多い記事↓↓ 

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)


『世界金融危機について』


空の分析哲学定義日本語版
苫米地英人



Defining "Emptiness"



このブログのフォローアップはtwitterでします。@DrTomaechi
ブログ内の記事検索
  • ライブドアブログ