ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog

苫米地英人博士のオフィシャルブログ --- Dr. Hideto Tomabechi's functional ringtone was featured in Discovery Channel. He heads Dr. Tomabechi Works. He also is an Adjuct Fellow at CyLab, Carnegie Mellon University.

「大好き!今日からのわたし」、本日発売

宝島社刊の新刊、
大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~ 本日発売。

お近くの書店へどうぞ。 アマゾンもおすすめ。

来月下旬には、出版記念ライブを企画中!

フジテレビ、買収防衛策ではなく取締役会居座り策だぞ

フジテレビが買収防衛策・発行可能な株数1.5倍に

買収防衛策として、1.授権株式数を現在の600万株から900万株に引き上げ、取締役数の上限を35人から20人に削減、3.取締役の任期を2年から1年に変更、ということだ。 

フジテレビの現在の実際の取締役の数は、22人
だから、取締役数の上限を22人にするということは、6月の総会で二人減らしてからは、買収されても、株主は、新しい取締役を入れられないということだ。取締役の選任は、持ち株比率51%でできるが、既存取締役の解任は、株主の2/3以上の同意が必要だからだ。だから、66.6%超の買収を成功しない限りは、フジテレビの取締役はそのまま全員残るということだ。

要するに、この取締役数の上限を現在の取締役数に合わせて削減というのは、明らかに、株主から、現取締役会に向こう1年間全権限を移しますよということ。

これは、会社買収防衛策とは呼ばない。取締役会防衛策だ。買収して新たに株主になる株主どころか、既存株主と取締役会との意見の相違があっても、既存株主さえ、総会の2/3押さえなければ、自分たちの意見を反映する新任取締役を入れることさえできない。

もう一つ、注意して読むべきなのは、授権枠の拡大という買収防衛先という言葉に隠された今回もう一つの方策。これも、買収防衛策というよりも、権限を取締役会に移す施策といえる。授権枠というのは、発行する株式の総数のこと。だから、これを超えて発行するのには、定款の変更、つまり総会の2/3以上の特別決議がいる。

授権枠を一度、総会特別決議で大きく取っておくと、そこから先は、授権枠の範囲内なら、株主割当増資などの、特定の株主に有利になるわけではない新株発行は、取締役会決議だけでできる。例えば、誰かが51%を持っていたとしても、取締役会決議で、授権枠一杯まで、株主割当増資されれば、その51%を維持するには、さらに、新しく発行される株式の51%を買い取らない限りは、持ち株比率がさがる。

つまり、これは、買収防衛策にもなるけど、既存、筆頭株主の持ち株比率を下げるのにも使える。持ち株比率が多い株主ほど、沢山のキャッシュを払わないといけないから、払いきれない場合は、その株主の持ち株比率を下げられる。つまり、過半数を抑えられても、取締役会決議だけで、過半数を割らせることもできるし、ましてや66.6は取らせないということだ。持ち株比率が高ければ高いほど、これをやられると余計にキャッシュを会社にいれなければ、比率が維持できないわけだ。

定款上の取締役数を現在の取締役数22人にぴったり合わせて20人に減らし、新に授権枠を1.5倍も大きくするというのは、これは、明らかに、敵対的買収防衛策というよりは、既存取締役温存策としか読めないぞ。

テレビ業界のような寡占的業界ほど、資本市場の論理を導入して、敵対的買収を含む資本市場での自由競争を導入しないと国益が損なわれることは、前に、ハーバードの有名な論文を引用して書いた。市場原理が業務市場空間で働かない以上、資本市場空間で働かせないと企業の生産性が維持されないという論理だ。特に、資本市場での自由な競争を阻むような権限を取締役会に権限を独占させることは、株主の為にならないのは当たり前で、その上、視聴者の為にも、長期的には社員の為にもならない。勿論、国益には完全に反する。今回の方策は、敵対的買収からの防衛という隠れ蓑に実施される取締役会による会社の私物化にも読める。フジテレビ株主は、このような提案を株主総会で受け入れるべきではないだろう。

堀江君、フジテレビが、和解したという言葉をそのまま鵜呑みして、バイオで安心するのは、まだ早いと思うぞ。まさか、日枝会長が任期で退任しないで、このまま居座るだけのために「買収防衛」の言い訳で、定款変更までやってるとは思いたくないけど。

これでフジテレビがライブドアと本気で提携する気はないという本心が明らかになった、と思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。


あーあ、NHKまたやっちゃった、職員着服

NHK職員が約470万を着服

『男性職員は内部調査に対し、「給料以上に仕事をしているとの思いが募り、不正をしてしまった」と説明。』だとさ。

ふざけるなと怒りまくっている下請け制作会社社員は多いと思うぞ。大体、給与以前に、NHK職員としての職の安定やら、身分の保障やらありとあらゆる恩恵に預かっているのを、こういう人たちは、一度クビにしないとわからないのだろうな。

知り合いのテレビ制作会社役員で、台本に印刷したNHK職員の名前が、下請け会社の社員の下に印刷されていたというだけで、ほとんど土下座させられそうに謝罪させられた人を知っているぞ。(役割毎にグループ化されてたので、たまたま、前のグループの最後の下請け会社の社員の名前が、次の欄のトップにあらせられるNHK職員様の上にあるように見えただけで、改行のスペースが印刷時に少なめだったというだけらしい。)

着服職員たちにそんな偉そうにする資格はない。NHKこそ敵対的買収のターゲットにすべきだろう。

電波の日も近いというのに、NHK創設者たちも、あの世で怒りまくってるぞ。

再発防止策といっても、NHKの体質がそうなっている以上、抜本的体質改善をしない限りまたやるでしょう、きっと、と思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。


ポイズンピルや黄金株が衆院で可決

敵対的買収への防衛策「会社法案」衆院で可決

「有限会社制度を廃止するほか、新規起業を促すために最低資本金制度を撤廃する。企業の再編促進のため、合併相手企業の株主に渡す対価として、現行の自社株式以外に現金や親会社の株式なども認める。買収防衛策としては、大量に株を購入した買収者の議決権比率を低下させる「ポイズン・ピル(毒薬)」や、拒否権付きの株式(黄金株)の利用を容易にする。」

これらって、堀江社長の「業績」なんだろうけど、今頃立法化されるというのは、10年どころか20年遅れてるように感じられるのだけど。堀江君がいなかったら、もっと立法化には時間がかかっていたということなのか? 

ただ、最低資本金制度は撤廃しなくても、10万円とか100万円ぐらいにしておいた方が、架空ハンドルネームをlivedoor IDとかYahoo IDでどんどん使い回すように、ペーパーカンパニーをいくらでもつくられて、悪いことされる問題が出てきそうなことが容易に想像できるのだが。 本当に企業するなら、100万円ぐらいは用意するでしょう、普通。なんか、この最低資本金制度の撤廃を盛り込んだところに、別な政治家的思惑を感じるのだけど。(もしかしたら登録免許税とかの税収目的なのかも知れないけど)

あれっ、それと、外国籍企業による株式交換とか三角合併ってどうなったんだ?


なんか、クリックを促すことを、批判しているブログがいくつか見つかったけど、理由がよく分からん、自分のブログがどのくらい能動的に読まれてるか知りたいでしょう、普通、と思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。




実名の意味が分からない子供たちへ

何かブログの世界には、思考停止した人がたまにいるようで、「匿名ブログはやめてしまえ」、「それでも、匿名ブログはやめてしまえ」という記事が、的はずれな反響を呼んでいる。

特に、「暴言記者の実名を晒している匿名ブログ達、ずれてるぞ」で、記者会見で暴言を吐いた読売大阪本社の社会部記者の実名を晒すブログ達が匿名でやっているという矛盾を書いたとたんに、よくある匿名掲示板や匿名ブログと、ここを、間違ったかのような荒らし的コメントが続いていたので、まあ、こういった匿名ブログの開設者達の反感を買ったようだ。(勿論、匿名もしくは、偽名を疑われるものは削除済み)勿論、週刊朝日の時にもしたが、それ相当な対応はする。

これらの記事のコメント欄にもあったが、「私の実名はこれです。でもこれでは私は誰かわからないでしょう」といったコメントがあった。当たり前だ。子供を相手にしてるみたいだ。(本当に子供だったらごめん)。「これでは誰かわからない」情報しか書いてないのでは、例えそれが戸籍上の実名であったとしても、「実名を明かした」ことにならない。

私が「実名を明かせ」といっているのは、単に戸籍上の名前を書けではなく、例えば、トラックバックしてきたサイトページや、コメント書き込みに、本人を容易に特定できるような情報を記載せよということだ。「匿名をやめよ」とはそういうことだ。

単に、名前を書くだけでは、1.偽名かどうかも分からない、2.実名であっても、同姓同名はいくらでもいるはずであるし、合法的には本人はまず特定が難しい。従って、プロバイダにブログやHPを開設している人なら、最低でもそのページのURLは記述してもらわないと、実名情報としては不足だ。勿論、そのブログやHPが継続的に利用されているのならば、例え実名でなかったとしても、芸能人の芸名のように、それそのものが、それなりの人格を形成しているレベルのものであれば、実名とはいえなくともぎりぎりのグレーゾーンだろう。勿論、偽名でフリーのWebサービスや、海外のドメインでサイトを運用しているような最初から匿名性を目的としたようなサイトであるならば、これは当てはまらない。

このように、間接的にでも、個人を特定できるような情報が記載されたブログやHPを全く持っていない人が、実名ブログでコメントすること自体が、本来礼を欠く行為だと思う。もしも、本当に持っていない場合は、実名と共に、最低でも、住所の一部と所属ぐらいは書いてもらわないと、「実名」という概念とそぐわない。「慶応大学政治学科4年の港区六本木在住の誰々です」ぐらいは、少なくともこのブログには実名で書いてくれということだ。

私が言っているのは、匿名性という陰に隠れて、無責任な発言をすることを防ぐ為である。そのようなカルチャーの蔓延をブログの世界に持ち込ませない為である。だから、学生なら自分の所属する学校名、社会人なら会社名を同時に書き込むぐらいのレベルで初めて「実名」と呼べる。簡単にいえば、社会的に問題となるようなことを書き込んだ場合に、当然、社会的な制裁を即受けることを前提として、責任をもって書き込めということだ。それが怖いときは、いくらでもある匿名掲示板に書き込むか、匿名のブログに書き込め。私のブログのような、所属も実名も明かしている、本物の実名ブログには書き込むのは、ルール違反だということだ。勿論、所属も、実名も偽のブログを上げ、また、そのブログからトラックバックしたり、そこのURLを書いて、書き込むことはできるだろう。ただ、そんなことをしても、ウソはそう長くは続くまい。どちらにしても、そういったものは、高い確率で認知され削除されるだろう。

匿名の書き込みというのは、13日に立法化された「改正特定電子メール法」で規制される迷惑メールの広告内容が、例え、まともだったとしても、勝手に送りつけられるメールが迷惑に過ぎないと同様、匿名お断りのブログに書き込まれる匿名コメントは、内容の如何に関わらず、ただの迷惑だ。トラックバックも同様だ。匿名のものは内容の如何に関わらず迷惑メールと変わらん。これを堂々と主張して、「匿名の書き込み、トラックバックお断り」をポリシーとしたブログにどんどん増えてもらいたい。

勿論、これは、単に書き込みやトラックバックの問題のみならず、本来は、ブログは、こういう意味での実質の実名ブログにしていくことで、ブログ文化をメジャーな文化としていくことが可能だと考えているのである。勿論、会社のルールなどで、ブログを禁止されている場合などに匿名でブログを上げる場合は、例えば、このlivedoorブログなどに、本物の個人情報でブログを開設し、プロバイダー法の範囲内で、必要に応じて実名が開示されるリスクを担保に、そのブログを継続的に、社会的人格がそのブログ名で形成されるぐらいまで運用して初めて、実名のブログにトラックバックしたり書き込んだりすべきであるという発想だ。

反論があれば、堂々と、所属、住所の一部、そして、実名を記述して、コメント欄に書いて欲しい。勿論、本物であることが前提だ。ただ、私がみた限りでは、匿名の陰に隠れたい人たちは、使い捨ての匿名ハンドルネームで、livedoorにも偽の個人情報で使い捨てIDを取得して、書き込んでいるようだ。だから書き込んできた情報が偽物である可能性が高い。まさに、こういうカルチャーをブログ文化に持ち込んではならない。


匿名で、架空のハンドルネームで、好き勝手なことを書き込めるのは心地良いかも知れないけど、書き込まれた相手の迷惑は、架空ではなく、実害だと認識して欲しいと思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。


改正特定電子メール法、いわゆる迷惑メール法が成立


迷惑メールの規制を強化、改正特定電子メール法が成立


懲役1年以下または罰金100万円以下の罰則が盛り込まれた改正特定電子メール法「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の一部を改正する法律案」が、参議院で全会一致で可決、成立したということ。総務省の概要がわかりやすい。

送信者に以下の義務が果たされる:

1.「未承諾広告※」の表示
2.送信者の名前と住所の表示
3.送信に用いたメールアドレスの表示
4.受信拒否の通知を受けるためのメールアドレスの表示
5.送信拒否の通知をした者に対する送信の禁止
6.プログラム生成による架空アドレスへの多数メールの禁止

1から5が、具体的な迷惑メール防止策であり、6は、架空のメールアドレスをプログラム生成して大量にメールを送るつけて、エラーが戻らない実アドレスを探す行為を禁止している。

これにより、悪質な迷惑メールはかなり規制可能だろう。勿論、なんらかの方法で手に入れたアドレスに、「未承諾広告※」と記載したメールを送ることはできるが、この場合も、「メール配信が大幅に遅延するおそれがあるなどの正当な理由がある場合」は、プロバイダが配信を拒否できることになる。

これで、一斉配信による、広告メールは事実上全て迷惑メールとみなされ、禁止されることになる。

勿論、実運用で、これが成果をあげるかどうかは、今後は、司法によるエンフォースメントが有効に機能するか否かにかかっている。スパムメール法が既に実施されている米国から、私のUSのアドレスに毎日数百通の迷惑メールが届いている事実から、少なくとも米国のスパム法が有効に機能しているとは考えていない。今後は、日本のサイバーポリスの手腕にかかってくるだろう。よくあるアダルトサイトの詐欺商法でも、相手のIPとかのブラウザagent情報を表示して、あなたの情報はこれです、あなたはすでに入会したので、いくら払えというのがあるが、これなどは、退会用の手続きアドレスなどで、退会手続きをすることにより、個人情報が漏れて、逆に詐欺に引っかかってしまう。そしてその情報が同業他社に売られている。迷惑メールの、受信拒否の連絡先というのも、それを使って、実アドレスを収集している例もあると考えられるので、受信拒否で集めた実アドレスを他の業者が利用することも考えられる。司法によるエンフォースメントをしっかりしないと、今回の施策で、受信拒否の為に実アドレスを明かすことになってしまう例が急増することも考えられる。

ところで、2000年の私の特許は、電子メールの署名部分に広告を入れるという方法だ。当時から米国ではスパムメールが問題となっており、その対策として考えた。この技術でNASDAQ公開をしたいから売ってくれというオファーがニューヨークの投資家からあった。売らずに、電通関係者と共同プロジェクトを企画したが、当時はスパムメールの問題が日本では深刻ではなく、ITバブルの崩壊とも合わせて、プロジェクト化はされなかった。勿論、知的財産権は個人で持ち続けている。因みに、当時のデジタルハリウッド杉山社長の対談本「ポストITで日本が勝つ」でも紹介されている。これは、通常の有効な個人から個人へのメールの署名部分に広告バナーを入れされてもらう。有効なメールに入れるのでスパムにはならない。勿論、今回の法改正でも規制されない。現在銚子市も利用している。このメール技術のライセンスを受けたい法人があれば、sigadinfo@maxpec.com までご連絡を。迷惑メール行為を一掃する助けになればと、低価格でライセンスしている。

勿論、私の知的財産権を侵害するサービス等を発見した場合も、すぐにご通報を頂けるとありがたい。


迷惑メールは困るけど、スパムフィルターソフトって重いんだよなあと思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。

暴言記者の実名を晒している匿名ブログ達、ずれてるぞ

脱線事故JR西日本記者会見で、読売新聞記者に不穏当・不適切な発言があったとして、読売新聞は13日の朝刊に謝罪記事を掲載した

という話題だが、どうも最初にこの問題に火をつけたのは、産経らしい。この読売新聞大阪本社社会部遊軍記者が、広島時代から左翼的な発言で知られる記者だったからか。また、ネット一部のブログ等では、このような不穏当な発言を記者が匿名でするのは、けしからんということで、この社会部記者の実名を掲示しているのが見受けられる。

匿名だからけしからんというのは、この場合ズレてると思うぞ。記者会見での記者は匿名ではないぞ。私も記者会見をやっているから分かるが、記者会見に来た記者は、ちゃんと名刺交換して、会見相手に自分を誰だか明かしている。単に、記者会見を中継しているテレビの視聴者には、名前が分からなかったというだけのことだ。その意味で、会見当事者、つまりJR西日本側には、決して匿名ではない。

私自身、「匿名ブログはやめてしまえ」、「それでも、匿名ブログはやめてしまえ」と、匿名での発言は反対だが、これは、発言者が、その発言相手に対しての匿名性の話だ。ブログは、不特定多数が対象だから、ブログ開設者は、ブログそのものが、本人が誰だか分かるものであることが望ましいと考えている。また、ブログの発言への、コメント書き込みに関しては、発言する相手は、ブログ開設者本人であるから、実名を明かすのは、コメントを書き込む人で、その実名を明かされるのは、ブログ開設者だ。つまり、私のブログの場合は、ブログホストの私に対しての話だ。

実名でブログを開設している私のブログで、私に匿名でコメント発言は失礼だろという話だ。だから、実名をネットで明かしたくない人には、別途メールで、実名を私に伝えてくれれば、ハンドルネームでもいいと言っている。決して、ブログの読者一般に対して、実名を明かせとはいっていない。勿論、できれば、名刺のデジカメ写真と自分の写真でも、私にメールしてくれた上で、実名で、コメントを書き込んでくれるなら、理想だ。実名らしい名前を書いてくれても、偽名かどうかを名前だけでは、判断できない。  

この社会部記者の場合は、読売新聞大阪本社の名刺を、記者会見の受付でJR西日本に渡しているに違いない。だから、実名での会見への臨席だ。匿名での行為とはいえないぞ。それを、ネットで、実名を、視聴者に明かすというのは、あまり、意味のない行為だと思うぞ。勿論、そういう失礼な態度をとる記者の実名を知っておきたいという興味のある読者の知識欲の役には立つと思うが。

勿論、最低限のマナーは記者という前に、人として当然のことだが、感情的に相手をわざと怒らせてたりして、揺さぶりをかける取材方法だって、あるわけであって、どのような取材態度を取るかは、記者の自由だろう。勿論、次から、記者会見出入り禁止になるかも知れないが、それは本人の選択だ。だから、発言の態度が悪いというのは、必要以上に批判するのは、ちょっと筋違いに感じる。JR西日本には、信楽高原鉄道での事故の時も、最後の最後に法的に負けるまで、謝罪をせず、のらりくらりと情報開示をしないで来たという実績があり、そういう体質がある。だから、あれだけの犠牲者が出た事故の記者会見で、記者が徹底的に揺さぶりをかけ、場合によっては、当事者を感情的に怒らせるぐらいの戦略は当たり前ぐらいに感じるのだが。

一つ感じるのは、この社会部記者の実名を明かすといって掲載しているブログが匿名ブログであるという矛盾で端的なように、普段、匿名という壁の向こうに隠れているブロガーの一部が、記者会見で徹底的に実名でつるし上げられるJR西日本の幹部を見て、何か居心地悪さを感じたのではないか。そこから、つるし上げている相手が、匿名とはけしからんという短絡的な思考に走ったのではないか。繰り返すが、この社会部記者は、決して匿名ではないぞ、単に視聴者には、名前が知らされる必要がないから、知らされていなかっただけだ。この記者の実名をそういう理由で掲載しているブログの行為は、ずれているとしかいいようがない。

ジャーナリストは態度悪いぐらいで取材対象を揺さぶらないと、なかなか真実は引き出せないのはしょうがないけど、全国ネットの中継だったからなあ、と思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。

監禁容疑者の愛読書と、六本木SM事情

今日の監禁事件の容疑者が読んでいたことが確認されたのが、デヴィッド・リバーマン著の『相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」 』である。容疑者が、このような支配欲を満たそうとしたことは間違いない。ところで、このような性的嗜好の人間には、SM愛好家が多いことも、周知の事実だ。

 六本木に来れば、ご主人様と奴隷の関係を好む性的嗜好の持ち主は、いくらでもいる。最近聞いたケースでは、こうした人たちは、「奴隷契約書」と呼ばれる証文まで交わしているという話だ。従って、あくまで、性的嗜好の話であり、普通とは大分違うが、主人と奴隷の間の同意のある関係だ。

この容疑者は、同意なく、暴行、監禁を繰り返したという意味でも、極悪非道なやつであり、彼の行なったことは、ただの犯罪行為に過ぎない。また、親に異常に甘やかされた犯罪者に過ぎないというべきだ。(日本テレビ、ザ・ワイドによれば、1ヶ月に仕送りが40万円もあったそうだ。) 親も、犯罪の責任は免れまい。

洗脳原論」でも書いたが、支配・従属の関係を好む人たちは私の周りでも確実に増えている。この事件をきっかけにして、むしろ、社会の中で、従属関係を好む人間が増えていることを、よく考えてみることも重要だ。

容疑者の愛読者よりも、私の著著の「大好き!今日からの私」の方が、はるかに実践的だと思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。

少女監禁、ストックホルム症候群の可能性はないか

少女監禁:小林泰剛容疑者、東京と北海道で同じ手口

恐らく、今日の午後のワイドショーはこのネタで延々というところだろう。
いくら、全裸で、犬の首輪をつけられていたとしても、18歳のIQは犬ではない。3ヶ月の長い監禁期間中には、手も使える場面はいくらでもあっただろう。最終的には逃げ出す事のできる心理状態になっていたとしても、少なくとも経過期間中の「ストックホルム症候群」の可能性を、疑っておくべきではないか?

早期に逃げられたケースも含めて、まだまだ、余罪がありそうだぞ、と思う人もクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。

それでも、匿名ブログはやめてしまえ

匿名ブログはやめてしまえ」はそれなりの反響があったようだ。ブログは実名か匿名かという思索から端を発したものだが、私のこの意見に反対の場合の反応パターンは二つ。

1.なんだかんだと、偽名を使って書き込みをしてきたもの。→ほぼ削除済み
2.コメント欄の塾の先生のように、自分の職業などの立ち位置はあきらかにしてくれたけど、相変わらず匿名の書き込み。→ そのままにしてある。

塾の先生氏の反論は、1.売名だと思われたくない。塾をやっているので、名前を出すと売名だと思われる。2.身近な人について書くので、身近な人が特定される。1.については、あまり一般的な反応ではないように感じる。実際、塾の先生がいっている「売名」というのはちょっと違うように思う。塾の先生が、教育について堂々と実名で書く。それを、読んで、共感した人が、生徒もしくは、子息を生徒にする。それは売名とは言わないだろう。塾経営という職業をしているのなら、それは、広報宣伝とはいえるかもしれないが、そういうのは売名とは呼ばないと思う。正当な広報宣伝を行うことは、経営者としては当然のことだ。

2の身近な人について書くので、身近な人が特定される。これは、ブログの匿名性が、生み出すマイナス要因に比べると大分小さいのではないか? ブログが実名であっても、身近の人を匿名にし、また、個人を特定されにくく書けばいいのではないか? 大体、もしも、特定されたらまずいことを書くのであれば、例え匿名ブログであっても、ネットの性質上、完全な匿名性は保証されていない以上、もともと、本人の同意なしに、書くべきではないのではないか? 書くにしても、元々、本人が特定されないように書くべきではないのか。

私自身は、塾の先生氏は、先生の意見だけを読んだ限りは、実名で自分のブログを堂々とやるべきだと思う。先生のブログを見てみたが、内容は立派なもので、匿名にする理由が見あたらない。勿論、実名にするということで、背負うリスクはある。ただ、ブログというカルチャーが、皆、そのリスクを背負いあって広められるならば、日本のブログはかなりいいものになるのでないか? そういう大きなメリットに比べて、実名ブログにするリスクは小さいものに思える。是非、先生として、率先して、リスクは分かったうえで、堂々と実名ブログ化して欲しい。

ところで、私のブログのコメント欄は書き込みづらいという意見。それは、他のブログとルールが違うから当然だろう。私のブログには、私のルールがある。それに従ってもらうだけ。そのルールに従えない人は、私のブログではなく、自分のブログ、もしくは他所のブログで発言してもらえばいい。私は、私のルールに共感を持てる人のみに発信し、情報を受け取りたい。私のルールは、既に書いた。また、基本は、実名を明かして書くように。どうしても、実名を出せない場合は、実名を私にメールをするように。勿論、偽名もしくは、偽名と疑われるものは、内容の如何に関わらず、即、削除する、ということ。私が実名を明かしているのだから、最低限のマナーだろう。私は、実名ブログ文化を進めたい。だから、そういうフィロソフィーで私のブログも運用する。それだけ。肩の力抜いた娯楽でブログやりたい人は、他所へどうぞ。私は、かなりのリスクを背負った情報発信をこのブログでやっている。また、本気で日本のネット文化の将来を考えている。温度差のある関係は、お互いメリットが薄い。これまでの私の公式サイトよりも厳しいルールかもしれないが、実名ブログの一つの見本の形をやってみたいと思っているので、ご協力をよろしく。

概観して、ひとつの落としどころとしては、匿名のブログは、どうぞご自由に、勿論、その場合は、コメントもトラックバックも匿名でどうぞ。但し、実名のブログには、コメントやトラックバックも実名で、という棲み分けだろうが、私自身は、日本のブログ文化の将来、特に、メディアとネットの融合という観点での将来を考えている。その中では、ブログは、各個人が実名というリスクを背負うことで、健全なものとして発展していくものと現在考えるに至った。勿論、ライブドアのようなポータルビジネスとしては、ブログの絶対数が大きければ大きい程、短期的には収益があがるわけだから、匿名性を全面的に支持したい気持ちは分かる。但し、長い目でメディアとネットの融合という観点で見ていけば、やはり、実名ブログをプロモートしていった方が、ビジネス的にもメリットが大きいのではないか。私の結論は、やはり、「匿名ブログはやめてしまえ」だ。今日のTBSの部長の例でもわかるように、最近、社会のこういったモラルの低下は、ジャーナリストまで含めて、恐るべきものがある。少し、厳しいぐらいのルールでまずブログ文化を育ててから、次世代にバトンタッチするのはどうだ。

とりあえず、意見保留という人も、念のためクリック!→



宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~5月20日発売、アマゾンで予約受付中。一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。勿論、男性読者にも役立つ秘伝の技を開示。

新聞記事盗用は、TBS部長本人だった

TBS部長が新聞記事17件盗用・「外部執筆」と偽る

TBSの公式ホームページのコラムが新聞記事を盗用していた問題で、これまで、外部ライターが盗用したとTBSが説明し、報道されていたが、実は、編成制作本部スポーツ局の担当部長(47)自身が読売新聞等の記事を盗用していたことがわかったということだ。発覚後も、外部の契約ライターが盗用コラムを書いたように偽装していたもの。

あきれ果てて、ものもいえん人も、何とかクリック!→

大好き!今日からのわたし、アマゾンで予約開始

宝島社新刊、大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~ アマゾンで予約開始。

とりあえず買ってもいいよと、思う人もクリック!→

匿名ブログはやめてしまえ

ブログは実名か匿名かというのを書いたが、この問題をもう一度考えてみた。

結論は、「匿名ブログはやめてしまえ」だ。

livedoorブログのランキング100位を見てみたところ、約9割が匿名ブログだった。ブログ当事者の名前を明かしている1割も、トップの堀江君も含めて、芸能人など名前を出すのがあたりまえの人がほとんどだ。いわゆる個人で実名というブログは極めて少ない。

私は、ブログで情報発信するからには、自分がどういう立場の人間かをしっかり明かして情報発信すべきだと考える。勿論、ブログという社会に公にする情報発信である以上、発言内容の責任を持つということでも、実名でブログをあげるべきだと考える。

もしも、自分が特定されれば、自分が殺されてしまうほどの、スクープでもあるのならば、それは、第三者のジャーナリストに委ねるなり、匿名掲示板に書き込むという手もあると思うが、定期的に情報発信を続ける自らのブログについては、自分の立ち位置がはっきりとわかる立場で発言すべきであろう。勿論、自分の発言には、しっかり責任が持てる立場で発言すべきだ。これは、他のブログに対するトラックバックや、コメント書き込みでも同様だ。そうしていない人がブログのほとんどなのは、何かおかしいのではないか。

自分が誰かも堂々と明かせないないような人たちには、メディアで発言する権利無し。ネットもこれからは、メディアと融合するんだから、全く同様だ、と思う人も、うーんちょっと待ってという人もクリック!→


新刊「大好き!今日からの私」宝島社刊、5月20日発売。予約受付開始
一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。

ブログ、実名か虚名か?

ブログは実名で公開すべきか、ハンドルネームなどの虚名でもいいかという質問を最近受ける。どちらにするのも個人の自由だろう。ただ、実名でブログを公開する勇気のない人は、ただの臆病者か、無責任な人間だと思う。日本の新聞に署名記事が少ないのは、いろいろな言い訳を聞くが、本来ジャーナリズムのあり方として間違っていると思うのと同様だ。

ジャーナリズムは、「私」を消して、まったく第三者の空気のような立場から書くべきというような意見も聞くが、私は、間違っていると思う。世界そのものの認識が、「私」という個人の脳によるものである以上、どのように客観性を維持しようとしても、個人の知識、思想、経験が認識そのものを造っているのだから、それは不可能である。勿論、そういう現実の捉え方のバラエティが反映された意見があることこそ、望ましいのが、民主社会だ。

だからこそ、その意見を言うものの最低限のマナーと責任として、自分が誰であるかを明かす義務があると思っている。どうも、大ジャーナリズムの人たちは、個人の記者が危険だとか、(朝日大阪の例などだろう)、会社が個人としての情報発信を禁じてるとか、いろいろな言い訳をして、新聞や放送におけるジャーナリストの匿名性や、ブログでの匿名での発信を擁護しがちだ。私は、それは間違っていると思う。会社がブログを禁じているとしたら、それは、職業上の秘密保持等の理由だろう。そんなことは、最初から当たり前だ。そういうことに抵触しないのに、会社が禁じているとしたら、そんな憲法も守れないような会社は辞めてしまえ。

 従って、私自身は、どんな理由があっても、匿名のブログは全く評価しない。自分の発言を自分が誰だか明かすという最低限の勇気のない人は相手にする時間がもったいない。

これは、本ブログのトラックバックやコメントについても同様だ。コメントにしても、トラックバックにしても、匿名のものを相手にするのは、私も私のブログの読者も、貴重な時間がもったいない。

前に、コメント欄の書き込みの削除の基準について質問があったが、その時には、以下のように答えている。

「削除する基準は、まず、よくアダルト系サイトから来るのだが、本ブログの内容と何の関係もない、自分のサイトへの誘導を目的とした書き込み。また、明らかに、当該書き込みの内容と関係のないコメントもこれに含まれる。その他、本ブログの読者の役に立たないと思われる知的レベルの低いコメントも、気がつき次第削除する。こういったことを、書きたい人は、自分のブログを上げてそこに書くことをお勧めする。コメント内容が同調か否かは関係がない。本ブログでは、上品かつ、知的レベルの高いコメントをすること。そうでないものは削除する。」

勿論、これはその通りだが、実際問題としては、同調か否かが関係ないばかりでなく、上品か知的レベルが高いかもあまり関係がない。実際のところは、無責任なコメントは即削除と考えている。匿名というだけで、本質的に無責任だ。従って、匿名コメントは、見つけ次第削除している。ただ、ハンドルネームから、私が相手を特定できるものがかなりあり、これらは残してある。どうしても、社会的な理由などで、匿名でコメントをしたい人は、別途メールで、実名と連絡先を私にメールして欲しい。ただ、できれば、コメントや、トラックバックする人は、本文中で実名をしっかり記述して欲しい。そのくらいの責任感のある人たちが、集まっているブログとして育てて行きたいのだ。

匿名カルチャーは、ひとつのエンターテイメントとして、生き残るかも知れないけど、影響力のある発言の場の挑戦者としての役割は既に終わったとようなことを、ゴッド井上トシユキ君も言ってたなあ、西村君もことさら否定してなかったし、と思う人もクリック!→


新刊「大好き!今日からの私」宝島社刊、5月20日発売。予約受付開始
一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。


やっぱりFirefox危ないぞ

Firefoxに2件の「非常に重大な」脆弱性が発覚

前にソースの開示の高いFirefoxは危なそうだぞと警告したが、やっぱり危ないぞ。

これって何気ないニュースだけど、思いっきり高リスクなセキュリティーホールじゃないかと、思う人もクリック!→

長谷部泰輔容疑者は、そうかの学校出身

19歳女性殺害で逮捕された、千葉県松戸市のフリーター長谷部泰輔容疑者(23)は、そうかの学校出身ということだ。こういう話って、結びつけて思いっきり報道するとこと、完全に無視する大新聞みたいなところにわかれるんだろうな。要因として関係があるか、ないかも含めて、冷静に分析すべき。関係あれば、それなりに、学校側もなんらかの対処をすべき。

学校は関係ないでしょ、あくまで個人の問題でしょ、という人もクリック!→

hello world

20050508131934.jpg






green tea, thanks...

green time

20050508111306.jpg

グリーンティーでもいかが。。

単調性、そろそろ本格的に始めるぞ

米軍の機密情報、「コピーアンドペースト」操作で流出

間抜けな話だが、これは、情報の単調性(monotonicity)という重要な話題が隠されている。今回の検閲者は、ただの間抜けな検閲者に過ぎなかったようだが、現実の国防総省等のテーマでは、権限者のみが、閲覧できるが、非権限者には、削除されているように見える為にはどうするかということが重要なテーマとして研究されている。これは、電子情報の場合、実際にデータを削除してしまうと、後で、元に戻すことが不可能に近いからだ。ワードの修正を記録するモードで、修正履歴が残っているが、権限のない閲覧者には、最終状態のみが見えるようにする感じだ。これは、実は、簡単そうで、複雑な離散数理問題を孕んでいるのだ。

勿論、知っている人には、「またか」だろうが、この単調性関連が、私の知的財産権の宝庫である。先の動的サーバ政府プロジェクトも、もともとは、計算機の基本データ構造に単調性を導入する為のプロジェクトという位置づけで予算をもらったものだ。単調性は、例えば、帳簿の電算化や、電子戸籍などにも応用可能だ。修正の履歴は消すことができない、但し、非権限者には、最終結果しか見ることができないし、勿論、修正することも、できない。削除も、ここを削除という、二本線を引くような情報の追加しか許されない。要するに、単調性とは、情報を足すことができても、引くことができない状態だ。

Monotonicyは、正確な定義は、私の論文も引用されてるMaxwell&Kaplanあたりに詳しいが、制約情報の無矛盾性を維持しながら、情報量が単調増加する状態を離散数理的に定義したものだ。元々は、機械翻訳や自然言語処理の研究で重要なテーマだった。というのは、入力文の解析途中で、どうしても、計算機メモリ上にある文法データを何度も使わねばならないが、それを単調性を維持しようとすると、何十メガもあるデータを何十万回もコピーしなければならないからだ。もしも、コピーしないと、解析の途中で文法そのもののデータが壊れてしまう。

勿論、単調性をアルゴリズムとして実現しようとすると、しくじれば、簡単にN2乗からN3乗オーダに行ってしまう。(Nは何十メガだ。) 選言(disjunction)があれば、指数関数的に行きやすい。これを最小限に押さえようというのが、いわゆるTomabechi Algorithmであった。(選言がない状態で線形時間・空間を実現。)90年、91年の発表であるが、現在でも実際利用されている最速アルゴリズムは、このアルゴリズムをベースとしている。要するに15年たった現在でも最速アルゴリズムの帝王の位置を維持している。

そろそろ、BlogなどのWeb世界や、P2P権利保護までも巻き込んで、本格的な単調性を維持した基盤アーキテクチャの実現にかかろうと思っている。堀江君も一枚かまないかい?

単調化、日本で世界に先駆けて大規模実現化、のった、という人もクリック!→


新刊「大好き!今日からの私」宝島社刊、5月20日発売。予約受付開始
一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。

「仮想現実」でPTSD治療、米国防総省

「仮想現実」でPTSD治療 戦地からの帰還米兵

「PTSDの症状を訴える兵士らがゴーグルのような受像装置を装着し、イラクなど任地に酷似した映像を“体験”。ヘリコプターや現地の言葉のほか、爆破音や銃撃音なども再現され、場合によっては、戦車の燃料などさまざまなにおいも漂わせ、仮想現実空間をよりリアルに作り上げる。。。仮想現実を作り上げることで、心の奥底の最も厳しい記憶をよみがえらせ、それを他者に語ることで、心的苦痛は解放され、一定の治癒効果を上げることができる」という話。

私自身の過去の研究成果からも、これは、肯ける話だ。勿論、この分野は、まさに、私の専門だ。今回の列車事故で助かった人達も400人を超えるわけであるし、この分野で何か貢献できることがあるのではないかと考えている。

この研究の心理物理実験ボランティアになってくれる、という人もクリック!→


新刊「大好き!今日からの私」宝島社刊、5月20日発売。予約受付開始
一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。

緊急、最悪クラスのワームが上陸間近だ、ご注意を!!

Soberワーム亜種の感染が急拡大--「ワールドカップ観戦チケット当選」をかたる

この分だと、2,3日以内に日本国内でも感染が拡大する可能性が高い。

トレンドマイクロ騒ぎでアンチウィルスソフトを落とした人は、すぐに再導入を。アンチウィルスソフトが稼働している人も、すぐに、ウィルス定義を最新のものに更新を。

JPCERT並びに、 IPA Security Centerには、まだ報告はないようだ。

「Sober.Pは、2005年最悪のウイルスの1つとなるだろう」ということだ。

まだウィルス対策ソフトを未導入なら、Symantecか、McAfeeあたりを緊急に導入を。Symantecなら、Internet Security 2005、McAfeeなら、internet securitysuiteがお勧めだ。私の場合は、PCによって、それぞれを使い分けている。

因みに、どちらも、SPAMキラーは、無駄にPCの速度を低下させるから私は使っていない。SPAMは全く別な方法で対処している。特にMcAfeeのスパムキラーは、CPUロードを食い過ぎ。(最近は改善されたかも知れない)。

やっぱり、そろそろ、Windowsはやめようかな、でもWordやめられないし、という人もクリック!→

新刊「大好き!今日からの私」宝島社刊、5月20日発売。予約受付開始
一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載。

「男たちの大和」に渡哲也出演決定、適役だ

渡哲也「男たちの大和」出演決定

反日デモのネタにまでとりあげられた、全長263メートルの戦艦大和を原寸のままによみがえらせた製作費25億円を投じる大作映画「男たちの大和/YAMATO」(監督佐藤純彌)に、反町隆史、中村獅童に加えて、NHK大河ドラマ「義経」での演技でもカリスマぶりを発揮している、渡哲也の出演が決まったそうだ。また、大和の第5代艦長・有賀幸作大佐役には、奥田瑛二が決まったそうだ。

海上自衛隊の協力で、撮影は6月末まで。公開は12月。
公式サイトは、http://www.yamato-movie.jp/公式ブログもあるぞ。

これは楽しみだ、という人もクリック!→

JR西日本、遺族どうしの連絡を妨害、何考えてるんだ。

JR西日本が、遺族同士がお互いの連絡先を知ることを拒否しているという話だ。遺族同士が話しをして、自分達が不利になることを避けようとしているに違いない。個人情報保護法を楯に取っているらしいが、個人情報保護法の立法の意図とも、社会の認識とも大きくズレてないか。インドネシアの地震の時に、外務省が悪い前例を作ったのが、尾を引いている。JR西日本の態度は、この後に及んで、ひどすぎる。

いいかげん人間として行動しろ、JR西日本、という人もクリック!→

宝島社からの新刊書、予約可能だそうだ

宝島社からの新刊書7&Yでは予約受付開始しているというコメントがあった。7&Yみてみたら、確かに予約可能になってる。amazonの後輩、善処よろしく。因みに、「大好き!今日からの私」というタイトルは、宝島社のつけたもの。私は、「一目惚れさせる心理学」という感じだったのだが、女性向きの書籍ということなので、構成やタイトル、挿絵は、宝島社主導。それで、監修になっている。とはいっても、内容は100%私のオリジナル。本格的な技術も指導しているぞ。勿論、男性にも効果があるのはいうまでもない。

自分の書籍の話題で、クリック要求するのは、なんか変、という人もクリック!→

レノン最後のパスポート

レノン最後のパスポートだって。ジョン・レノン・ミュージアムにあるらしい。なんか、見てみたいぞ。

何でもいいけど、なんで、さいたまにジョンレノンミュージアムなのか、よく分からん、オノ・ヨーコは、埼玉出身か、という人もクリック!→

JR西日本、宴会2次会、3次会もやってたぞ

大惨事知りながら、宴会2次会3次会も

JR西日本・天王寺車掌区長が会見

どういう神経だと、2次会、3次会にくりだせるんだ。最澄、空海が、本気で鉄槌くだすぞ。


基地外、地球外生命の神経は、まったく想定外、という人もクリック!→


空海がお怒りだ、JR西日本

寺院火災:35平方メートル焼く けが人なし 広島・宮島

南無大師遍上金剛、南無大師遍上金剛、南無大師遍上金剛。。。




弘法大師空海の求聞持修行以来、現在に伝わる「きえずの火」で有名な真言宗御室派大本山大聖院霊火堂が燃えた。弘法大師がお怒りだぞ、JR西日本。

 
火事が収まる前に、そうっと火をもらってくれば、自宅に空海の「きえずの火」を持ち帰れるぞとか不謹慎なこと思った人もクリック!→





close up

20050505161038.jpg

国防省分析官逮捕、禁固10年、日本だったら、1年以下

米国防総省分析官を逮捕 イスラエルに機密情報漏らす

この件での有罪の場合、最高刑は禁固10年だそうだ。勿論、機密漏洩は案件によっては米国では死刑のはずだ。日本は、「1年以下の懲役または3万円以下の罰金」(公務員法第109条)ならびに、「1年以下の懲役又は3万円以下の罰金」(自衛隊法第118条)で、思いっきり甘すぎるぞ。実際、機密情報を、海外に売って、海外に資産を作って、バレても、1年以下の懲役うければ、大金持ちと考えていそうなやつは、結構いそうだぞ。

大体、クラブ記者へのリークだって、公務員法違反なんでないか、週刊新潮や週刊朝日へのガセリークよりはましでも、と思ってる人もクリック!→

DVD-R DLメディア発売してたんだ

DVD-R DLメディアがようやく発売に、三菱化学製の4倍

長めの映画はDLでないと入らなかったから、これで、映画の違法コピーも増えそう。だから、なかなか発売にならなかったのか。発売されたのもシンガポール製ということだけど。ただ、原産国シンガポールって怪しいなあ。シンガポール企業が介在してるだけではないか? シンガポールのコンピュータショップでもシンガポール製のCD-RとかDVD-Rメディアって見たことないぞ。映画会社とかに気をつかって、実は日本製で、なんちゃってシンガポール製なんてこともあるのかも。まあ、私の経験からは、台湾製で、製造会社が登記上シンガポールという可能性が高いと見たが。(勿論、DVD-Rの“巨大市場"である、[DVD映画ソフトの巨大市場かどうかは別だけど]、中国本国輸出のために台湾華僑ファミリーが、親戚とかの会社を使ってシンガポール製とする例が多いのだけど)。

因みに、初のドルビー5.1chデジタルサラウンドエンコーダ内蔵(今までエンコーダのハードって100万円はしたから凄いことだぞ)、いわゆるDolby Digital 5.1 Creater準拠、のDVD型ビデオカメラのSONY DCR-DVD403を最近買った。これは、最高いいぞ。できれば、8cmDVDも、DL化して欲しいぞ。 Sonyのサイト見てみたけど、どうも、新型typeRとかに付属の4チャンネルから圧縮5.1を作成するソフトウェアを、チップに焼いたもののようだ。どちらにしても、画期的なことだぞ。(なんか元部下達が開発に関わってそう。)

DVD-R DL、livedoorデパートには見あたらないけど、amazonにはあるぞ5枚パックならこちら

早速、DVD-R DL買い占めよ、と思ってる人もクリック!→

tea time

20050505115144.jpg


UFOスピーカから降ってくるサウンドはSteve Vaiで。。

次世代法施行から1ヶ月だそうだ

思い切った施策で人材確保

次世代育成対策推進法が四月一日に施行されてから一カ月余りということだ。企業のこの問題への取り組みは、ジャストの浮川初子専務が先駆者だと思うけど、取材されてないなあ。

厚生労働省より

次世代育成支援対策推進法

というわけで、厚生労働省のページみてみると、『従来、少子化の主たる要因であった晩婚化に加え、「夫婦の出生力そのものの低下」という新しい現象が見られ、現状のままでは、少子化は今後一層進行すると予想されている。』

とあり、「夫婦の出生力そのものの低下」が根本的問題という認識のようだ。だが、指針を見てみると、子育てには、色々施策指針があるが、子作りには、無策に見えるぞ。

厚生労働省職業家庭両立課の麻田千穂子課長は「“やりなさい”ではなく、“考えてください”が次世代法の狙い。」ということだけど、やっぱり、「考える前に、やってしまいなさい」とは、女性課長だと言いづらいのかな。


コンドームは、100個に一個穴を開けておけとか、月に一回、子作り早退を認めよ(但し証明の義務あり)とかいった施策の方が、少子化対策には、効くのではと思う人もクリック!→

機能着うた、「奇跡の着うた」ハドソンへも提供開始

プレスリリース今頃、ネットで発見した。
「奇跡の着うた」ハドソンへも提供開始。

ジョークにも一部で思われているようだけど、結構、高度な技術が組み込まれているぞ。

JR西日本、事故知りながらボウリング大会

JR西の天王寺車掌区、事故知りながらボウリング大会

13人が重大事故認識しつつボウリング JR脱線事故

「事故発生の約3時間後、親睦(しんぼく)ボウリング大会を開いていたことが4日、わかった」ということだ。ここまで来ると、開いた口がふさがらないとはまさにこのことだ。天王寺車掌区長ら43人が参加。午後0時半ごろから約1時間半、2ゲームをプレーしたということだが、ボウリング大会に出席しないと、後が怖いから、しぶしぶ出ましたとか、また理由をつけるんではないだろうな。これも、組合のリークなのか?

43人全員、ボーリングボールもって、地球外へ行ってしまえと怒りまくってる人もクリック!→

企業の発明、特許庁が内容と日付を証明へ

発明に新登録制度・政府方針、訴訟リスク軽減

特許を審査請求することにより、重要な情報を開示しなければならないリスクが確かに減るから、これはいい方向だと思う。ただ、なんで、こんな簡単なことの導入に2010年までかかるんだ。

ところで、私自身は、すでに、これに準ずることを、自分でやってきている。これは、技術を発明してから、特許を書き、出願するまでにタイムラグがあるので、新しい技術を発明すると、すぐに、社内で、技術説明の講義を行う。そして、その議事録に、参加者に署名させた上で、自分でも署名して、これをコピーを取る。その上で、そのコピーに近くの公証役場で日付のスタンプをもらう。審査請求期間中に争いが起きた時などに、これで、誰よりも早く自分が発明したことは証明可能と考えている。もちろん、自社内で、出願中も安心して、使用が継続できるようにというのもあって、こういうことをやっている。

 因みに、この方法は、取締役会などでも有効だ。取締役会の議事を自分でその場でメモをとっておく。そして、別な取締役にその場で、署名してもらって、自分も署名して、コピーしてから、公証役場で日付印をもらっておく。これは、ある会社の敵対的買収時に、相手側に、議事録担当が買収されたようで、議事録を意図的に微妙な言い回しで、事実と異なって、書き残されていたことがあったからだ。その場で、自分のメモに公証役場で日付印をもらっておくと、議事録の内容で争うときにも、証拠性があると、そのとき、弁護士からアドバイズされたものだ。因みにこれで重要なのは、オリジナルではなく、コピーに公証役場で判子をもらうことだ。オリジナルの方が証拠性が高そうだが、実際は、コピーの方が改竄されていないことを証明できるのでいいのだと弁護士から言われた。

ていうか、この方法で、別に特許庁に証明してもらわなくてもいいのでは、と思う人もクリック!→

堀江君、ニッポン放送の取締役会でも、議事録メモはこの方法で認証しておくといいぞ。

新刊「大好き!今日からの私」宝島社刊、5月20日発売。予約受付開始
一目惚れさせるサブリミナル心理戦略が満載


地球外上司の記事これだ

上司、運転士に救助指示せず・JR脱線事故

脱線連絡受けながら救助指示せず、JR西が謝罪

さっき書いた、地球外に行って欲しい上司の記事これだ。

この46歳係長は、組合員か非組合員管理職かも一応知っておきたいものだが。

この話をリークしたのは組合だという話もあるが、本当か、だとすると、ますます訳が分からんという人もクリック!→

tea time

20050504162916.jpg


ちょっと遅めのtea time.
フレンチローストのコーヒーでもいかが。

帰社命令を出したJR西日本上司は、他所の星へいけ

一部報道によると、運転士2名には、JR西日本側から、すぐに出社しろと命令が出ていたらしい。勿論、そういう命令があったとしても、離れたところにいるJR西日本の上司は、事故状況を目の当たりに経験していないのだから、事故現場を経験している運転士は、無視して、救助にあたるべきだったのは間違いない。そんなこともできなかったことは、やはり人間失格。 とはいうものの、そのような気が狂った指示を出したJR西日本の上司は、人間失格なんてレベルでない。

JR西日本上司は、人間失格どころか、地球上生命失格だ。違う星へ行け、と思った人もクリック!→

やっぱり、人間失格だぞ、運転士2名

脱線した電車に乗り合わせた運転士二人が救出作業をせずに、そのまま歩いて勤務に出たことについて、色々なブログの意見をまとめたところからトラックバックをもらった。各ブログを読むと、当然、「とんでもない」という意見に混じって、運転士二人に同情的な意見も見られる。現在社会の一部を反映している意見に私には読める。同情的な意見は大きく分けて二つ、

A. 彼らは、医者でも、消防隊員でもないのだから、事故現場で行えることは限られているのだからしょうがない。

B. 事故の救出活動も考える余裕も無いぐらい職場に行かなきゃいけない程、厳しく、JR西日本に調教されてるんだから、しょうがない。

まず、Aについて、二つ反論がある。

1.「医者でも消防隊員でもないのだから」という論理だが、そんなことはない、運転士なら簡単な救急措置ぐらいは、当然訓練受けているはず。ただの一般客ではない、普段いつ事故が起きるか分からない電車を運転している運転士達だ。万が一、会社で組織的にそういう救急救助の訓練を受けていなかったとしても、それぞれが普段からそういう知識は身につけておくのが当然だ。運転士という職業についていながら、そのくらいの準備もしていなかったら、それだけで、人間失格だ。

2.「運転士に事故現場で行えることは限られている」という論理。とんでもない。万が一、彼らが救急医療のど素人だったとしても、事故現場に居合わせたのだ。救急車が来るよりも遙かに早く、救助作業にあたれたはずだ。救急医療での生死の分かれ目は、一分、一秒を争うだろう。やれたことは沢山あるはずだ。勿論、恐らく、先頭車両では、火災も発生していただろうから、消火作業なら彼らだってできたはずだ。まず、やれることがあるか否か、そういう確認さえもせずに、現場から逃げたこと自体が、人間として失格だ。

次にBについて、

B.会社から自分の電車に遅刻するなと厳しく躾けられているからしょうがないという論議。頭おかしいんじゃないか? 今回の事故のレベルはそんな甘えが許されるレベルと桁が違うぞ。事故のあった電車に乗っていたらなおさらそれを体感したはずだ。 例えば、ニューヨークでフェリーボートが転覆したときに、別な船の船長が二人たまたま乗り合わせたとしたら、溺れる乗客を無視して、勤務の船に間に合うように自分たちだけ、泳いでいなくなったらどうだ。勿論、米国社会は怒りまくるだろう。今回の脱線事故はこれと同じか、以上に悲惨な事故だ。事故列車に乗り合わせたということは、A-2で書いたように、救急隊員が到着するより遙かに早く、救出作業にあたれるということだ。道路上ではない、列車事故で救急隊が来るのに時間がかかるのは当然だ。事故現場にいて、最低でも、救急隊が来るまででも、救出作業をせずに勤務に戻るなどというのは、それだけで人間失格。大体、遅刻厳禁の勤務で、違反すればクビと躾けられていたので、そちらを優先したというのなら、まさに、他人の命より、自分の職の安定を選択したということだ。こういう発想も人間失格だ。

自分に関係のないことなら、別に他人が目の前で事故や不幸にあっても、手をさしのべなくてもいいというような風潮が、社会一般に広まっているのを、普段も、肌でひしひしと感じている。こういう事故の時だからこそ、そのような意見を社会は決して許してはいけないぞ。マスコミがテレビで報じているからって、テレビの向こうのバーチャルな出来事ではないのだ。リアルな100人以上亡くなった大事故だぞ。

まことしやかに、ど無責任な発言する人いるんだなあ、これが、ブログ文化か、と思った人もクリック!→

与えられた仕事以外はやらない人たち

脱線事故車両に乗車の運転士、救助活動せずに出勤

うち一人は、1時間後には、通常の電車運転業務に就いてたということだ。

アメリカの労働組合にもこういう態度のやつらはいる。自分の所属する組合労働以外は、例え非常時でも一切やらない。勿論、そいつの仕事を誰かがやろうとすると、自分の職を脅かされたと勝手に解釈して、猛反発する。だから、アメリカでは、製造業にロボットの導入がなかなか進まない。実際は、ロボット化によって、必ずしも失業する訳ではなく、もっと人間的な職に移れる可能性の方が高いにもかかわらず。

この二人の場合は、組合とかいうまえに、人間として失格。こういうやつらがいると知った以上、社会はJR西日本をボイコットすべきだ。

新型ATS-P自動停止装置の導入なんて甘いこと言ってないで、JR西日本だけでも、列車の運転士はロボットに変えた方が安心と思った人もクリック!→

静岡県警のヘリが墜落したということだ

静岡県警ヘリが墜落、乗員5人死亡 静岡・清水の住宅街

ヘリってそう簡単に墜落しないんでなかったっけ? そう言われて、ピッツバーグにいるときに、免許取りにスクール通いそうになった。友人は通って、免許とってたけど。

やっぱり、警察も民営化かなと思った人もクリック!→

JR脱線、カーブの中で急ブレーキで飛んだらしい

26トンなぜ「飛んだ」 JR脱線事故の先頭車両

カーブに進入してから急ブレーキをかけたらしいから、これは、車輪がロックして、車体が慣性、遠心力で飛んだということだろう。自動車でも山道とかで、よく初心者が、高速で進入して、カーブの真ん中で慌ててブレーキを踏んで、ブレーキングドリフトして大破という事故があるけど、あれと原理は同じだ。要するに運転士が初心者だったということだろうが、そうなると、なんで、100キロ以上の高速でカーブに進入したかが焦点だろう。

明らかになっている勤務状況からは、居眠り運転の可能性が高いのではないか?居眠りしていて、はっと気がついたら凄い高速でカーブに進入してて、初心者の運転士が慌てて急ブレーキかけたというあたりが真相ではないか?

記事によると、JR東日本は勿論、JR貨物でも、97年から速度超過は自動ブレーキがかかる措置がされているから、関西では、人間の命の値段は貨物以下に扱われていたとしかいいようがない。

こういう事故こそ、郵政民営化反対の人たちは、反対論理に使えるぞ。民間人(正確には関西人経営者)に任せておくと、金儲け主義で、本末転倒の事故が起きるぞと、ナショナルセキュリティ問題にすればいいと思う人もクリック!→


method中

20050503121422.jpg

現在演劇のシナリオを執筆中。
シナリオ用に一人メソッド演技中。

Windows Firefox使いいるか? ゲームの話でなくて

Firefoxダウンロード数が半年で5000万件らしいけど、これってMacが入った数字だろう。

Windowsで、Firefox 使ってる人どのくらいるんだろう。このブログへの今日のアクセスの統計を取ってみると、Firefox合計だと、1.xで、7%で、IE6に次いで2位になるんだけど。

1 InternetExplorer 6.0 77.6%
2 Safari 312 3.4%
3 Firefox 1.0 2.7%
3 Firefox 1.0.3 2.7%
5 Firefox 1.0.2 1.7%
6 InternetExplorer 5.0 1.2%
7 InternetExplorer 5.2 1.0%
7 InternetExplorer 5.22 1.0%
7 InternetExplorer 5.5 1.0%
7 Safari 412 1.0%

実際ログ見てみると、

"Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JPM; rv:1.7.7) Gecko/20050414 Firefox/1.0.3"

とかで、大体Macの人。

Why does anyone use Internet Explorer?の翻訳が、ITMediaに出てたけど、Pop upとかActiveXたたかれるのが嫌なだけなら、ブロックすればいいだけだから、あまり理由にはなってないけど。

前に、1998から99年の政府プロジェクトで動的サーバ作ったプロジェクトで、クライアントアプリ用にAnsi Common LispをIEとNetscapeにプラグインしたけど、ついでに、暇な休暇の時に、攻撃者のサンプルとして動的オブジェクトでブラウザ書いた。そのときは、Agentに、わざわざ、IEの適当なバージョンをランダムに吐き出したりしてたけど。そんな気分でFirefox使うのか。ジャストシステムでMozzilaもどきを作ったときは、第一回JavaOneとかでも発表したけど、OLE時代に自分らで安定したオブジェクトカプセルをいち早く実現したかっただけだけど、(beansより前だぞ、)今のIEはそれなりに安定してるし。

WindowsでFirefox使いがいたら、それぞれの本音の理由を教えてくれ。興味あり。

セキュリティやプライバシーの理由なら、(Solarisに比べてLinuxがかなり危ないのと同様、)ソースの開示度のより高いFirefoxの方が、高リスクと思うんだけどなあと思う人も思わない人もクリック!→

Sunから借りてたSS10にLinux入れてた私の言えることではないけど。。。↑

tea time

20050503114946.jpg

ご一緒にハーブティーでもどうぞ。

hideちゃん八回忌

hideさん7回目の命日にファン6000人

昨年七回忌だったので、hideミュージアム9月閉館らしい。
 七回忌記念に去年復刻されたhideモデルのBarneyのギターは中々いいぞ。

hideちゃんは、ハリウッド美容学校の出身だったらしいって、あまり知られてないのではと思う人もクリック!→

livedoor-Skypeハンディーフォンセット、ゲット

堀江君の日記に、livedoor-Skype ハンディーフォンセットというのが出てた。これかなり良さそう。早速、二つオーダした。一つは、自宅用で、もう一つは、海外出張に持ち歩く用。なんか、今日一日で、堀江君のブログに釣られて3万円は買ったなあ。さすが、商売上手だ。

更に、買った後見たら、これもあった2台ならこちらだ。デザインはだいぶおしゃれなんだけど。追加で2台買うか迷うなあ。

livedoorブログ、無料だから入ったけど、なんか、釣られて、どんどん買っちゃうんだよなあと思う人もクリック!→

うーん、よく考えてみると、Skypeのソフトまで二つも買ってどうすんだ。既にSkype使ってるぞ。

ゲーム話を立て続けに再配信、Wired News

左下の方見るとわかるけど、ナムコ・バンダイ経営統合に触発されたのか、Wired Newsが立て続けに、ゲーム関連のニュースを再配信してる。

とりあえずトップの二つ。

どれくらい楽しめる? 日本の「美少女ゲーム」

ゲームに熱中しすぎて現実との区別が曖昧に

いや、ナンダイ経営統合でなくて、GWだからでしょうという人もクリック!→

バンダイ・ナムコ経営統合の記者会見詳報が出た

バンダイ×ナムコ統合! 記者発表会詳報

さすが、ファミ通、日経より遙かに詳しいと思った人もクリック!→

うーん、リアルな話だ、これはこわい

木村剛氏によると、

『警察庁で管理職をしている友人に聞きますと、、(電車で)「とにかく、痴漢に間違われたら、振り切って逃げること。俺は何もしていないから大丈夫などといって、警察に行ったら逮捕されてしまう。無実の証明ほど難しいものはなく、被害者が『私は触られた』と主張している以上、警察としては拘置するしかない」などと言っているんですから・・・。』

ということだ。これって、逆にいえば、アルバイトの女性を雇って、痴漢されたふりさせて、とりあえず警察に拘置、そして、マスコミにリークして、東スポあたりで一面トップみたいなお仕置きができるということか? 一度、マスコミに出れば、後で、「容疑が固まらない」とかいうことで釈放されても、もう遅いし。特に、数人更にアルバイト雇って、目撃者として電車に乗せておけば、完全に嵌められるということではないか。これ読んで、早速、潰したい相手にやってやろうと思ってるやつ沢山いるんでは。特にこれからの総会シーズン。

痴漢で逮捕されて、ワイドショーとかに垂れ流しされたら、社会的にアウトでしょ、普通。

というか、警察の一部が、小杉問題で対立してた時、「苫米地英人を逮捕しろ」と騒いでいたことがあったらしいけど、同じような手でよく逮捕されなかったものだ。これも、逆の意味で、マスコミのおかげかな。

振り切って逃げ切れなかったら、かえってやばいのではとも思うのだけど、実際のところ、どうなのだろうか。

堀江君、狙われてそうだから、帰国したら、決して電車には乗らないように!!

そういうことなら、危機管理としてハイヤー通勤させろと、会社に言えそうだと思った人もクリック!→
livedoor プロフィール

DrTomabechi







苫米地英人公式サイト
http://www.hidetotomabechi.com/


Facebook

BWFインターナショナル
各地のPX2セミナー情報
http://bwf.or.jp/

TPIジャパン
TPIEディプロマクラス
http://www.tpijapan.org//

TICEコーチング
http://www.ticecoach.org/

苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp/

コグニティブリサーチラボ
http://www.crl.co.jp/















公式オリジナル電子書籍
電子書籍のリストは、

http://www.hidetotomabechi.com/category/dbook/


上記にない最新のコグニティブリサーチラボ刊行の電子書籍は以下、

http://www.crl.co.jp/books.html


サイゾー刊行の電子書籍は、以下のサイゾー->メディア事業->電子書籍

http://cyzo.co.jp/book/tomabechi/

携帯からはQRコードで
QRコード
ロシアテレビ局
出演インタビュー
Interview
Russian TV Station
≪В. Гости≫
Хидето Томабэчи.
1df6d75f.jpg


1df6d75f.jpg

1df6d75f.jpg

0f4bfebc.jpg

0dace6fd.jpg
無料メルマガ登録
人生が変わる!
ドクター苫米地の
7日間動画コーチング
メールアドレス:
8月のクラブ苫米地
「コロナ禍の始まりと収束の展望」他
バーチャルコーチングサイト「クラブ苫米地」 http://www.club-tomabechi.com/ 会員募集中!
ニコ動苫米地英人ブロマガ
献金サイト
『日本買収計画』(サイゾー刊) http://amzn.to/Zsx1CUなどで展開している政策実現のための献金サイトが出来た。詳しくは、『日本買収計画』を、是非読んで欲しい。国民ひとりコーヒー一杯分で日本を国民の手に取り戻す。国民がインターネットで重要政策に直前投票出来る国民国会の設立など。一口300円から受け付けてる。上限は一人年間150万円。年間2,000円を超える寄附は所定の手続きにより所得控除を受けることができる。リクエストが多かったゆうちょ銀行対応

http://www.hidetotomabechi.net/

ワークス公式DVD発売中

“第27弾DVD

“第26弾DVD

“第25弾DVD

“第24弾DVD

“第23弾DVD

“第22弾DVD

第21弾DVD 特別相伝:
超時空構築内省的自我への意識鍛練

“第20弾DVD

“第19弾DVD

“第18弾DVD

“第17弾DVD 分散動的自己構成エネルジーア自律知能化と生命素粒子そして進化"

“第16弾DVD 可能世界ペネトレーション超時空因果再構成の認識と意識"

“第15弾DVD 超時空中密サマージャと超次元オルデン抽象コード"

“第14弾DVD サトリ超次元空間クライミングと抽象度ポテンシャル脱抑制の秘伝"

“第13弾DVD グランドクロスブッダの階梯"

“第12弾DVD 超次元ゲシュタルト構築の奥義"

“第11弾DVD 21世紀の密教実践"

“第10弾DVD 超情報場高次ムドラーとグローバルタントラの包摂"

“第9弾DVD 超越視点の獲得と覚醒"

第8弾DVD 縁起の実践とアプリオリの超越

第7弾DVD 自在観時空マニフォールドと空なる視点の構築

第6弾DVD 空の包摂:西洋汎神と東洋縁起と中観

第5弾DVD 仮空中と超越

第4弾DVD 人類の進化と超情報場

第3弾DVD 現実からの覚醒

第2弾DVD 空の理解と体得

第1弾DVD 超情報場仮説

ワークス参加者必須DVD

ドクター苫米地ワークス
「超情報場仮説」
全てのDVDの基本知識!ワークス参加者も必須!!
http://www.maxpec.net/dvd1/
SNS
苫米地英人Page
Twitterフォローはこちら
原稿執筆、講演、講義、
取材等の依頼は、
tomabechi.pr@gmail.com


苫米地英人ケータイ公式:
http://dr-tomabechi.jp/
PCからは、http://www.forestpub.co.jp/mobile_dr/

最強の英語脳プログラム「ブレインラーニング」


ドクター苫米地ワークスクラス随時募集


全くの初心者でも学べるカリキュラム。
勿論上級者にも内容は濃い。
毎月一回のペース。
日程はブログに案内。

私の出張などで日程が変更になることもある。都合が合わず出られない日は、翌月以降の参加で構わない。クラスは、通常の『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。下記をよく読んでからクラスをお選びを。

クラスは13時から20時半。最初の3,4時間は各分野で経験豊かな師範代による講義と実技。その後私の直接指導による講義と実技。内部表現書き換えは、スポーツや武術のように、実技を徹底して練習することで上手くなる。実技時間を長くするために、基本講義をDVDにしてあるので、ワークスDVDを見てから参加して欲しい。基礎理論のワークスDVDのサイトは http://www.maxpec.net/dvd1/index.html 。また、DVDの内容もクラスでしっかり解説するので、DVDが良く分からない人でも参加して大丈夫。 ワークスDVDの視聴は必須ではないが、クラス参加後になっても、最低でも第一弾と第二弾を見て、理論をしっかり理解して欲しい。最近顕著に初心者に教えるノウハウも進化している。また、最近内容が更に進化しているので、過去の卒業生にも是非再受講を勧める。

shihandai3 ワークスクラスは、無意識レベルの対人技術を徹底的に学ぶ。臨床心理系の人にも有用。

統合内部表現の書換えを技術を指導する。更に空手、合気道、柔道、中国拳法などの師範で、古武術の鍛錬を積んだ師範代達による非言語内部表現の書換を指導する。もちろん、安全な環境での実技指導であり、女性や高齢者でも全く問題はない。総合医療的なアプローチに加えて、東洋医学的な医療気功と古武術の関係についても探求する。

Kickもちろん、特別テーマに合わせて、通常のドクター苫米地ワークスプログラムである苫米地流のあらゆる内部表現の書換技術も習得する。

クラスでは、書籍に出来ない技術を教えるので守秘義務が果たされる。


全てのクラスは、医師、歯科医師、臨床心理士、看護士、鍼灸師など広く臨床家にも有用なクラスになる。もちろんコーチングの実践者や弁護士、会計士などのプロフェッショナルにも有用。また、教育関係者にも有用だ。参加資格は特に限定していない。個別に判断して参加をお断りするケースはある。医師、歯科医師、針灸師などの医療系国家資格取得者は更に、併設するドクター苫米地ワークスメディカルコミュニティにメンバー参加することができる。臨床心理士も参加可能。

各日の予定講習時間が13時から20時半。これまでのカリキュラム設計から推測して、各日の進捗状況によっては終了が22時ぐらいになることがあり得るので、地方からの参加者はご注意を。終電の都合などのやむを得ない理由の早退はクラス初日に開始日に申告があれば認められる。カリキュラムを各生徒のレベルと進捗に合わせて随時設計、修正するので、クラス初日に申告のない遅刻、早退は一切認められない。クラス中の体調不良による早退については、常に複数の医師が参加しているので、状況での判断となる。

遅刻の場合、ならびに体調が万全でない場合は、欠席して、後の日程に参加のこと。欠席日は、6ヶ月以内の任意のクラス日程、または、補習日程に参加することができる。クラスは『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、
『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。

ドクター苫米地ワークスクラス、3日または5日の通常カリキュラムに加えて、長期記憶に介入するトラウマ介入の技術や、より高度な臨床認知心理技法を学ぶライセンスクラス、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』カリキュラム。VMPFC (ventromedial prefrontal cortex、前頭前野腹内側部)とDLPFC (dorsolateral prefrontal cortex、前頭前野背外側部)に働きかける認知心理技法の専門家を育てるクラス。不安やクライシス時心理、トラウマ、依存などのテーマも含まれる。また、いわゆる『脱洗脳』の技術も学ぶ。クライシスサイコロジーも含まれる。


また『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』はさらに汎用な上級クラス。これは内弟子に相当する位置づけ。内部表現書き換えなどのスキルと私の代わりにクラスを教える資質が確認された時点でのみ資格が授与される。

私のクラスで教える技術は、公開していない深く内部表現を書き換える技術が含まれており、参加者全員に厳しい守秘義務を果たしている。また、クラス内容に関する問い合わせにも一切答えていない。

最終日には、機能音源と生演奏による大周天気功法も行なう予定。これは、カリキュラムの進捗ではやらない場合もある。

ドクター苫米地ワークスクラスのお問い合わせは、以下のメールアドレスへ。gmailからのメール返信がスパムフィルターされることがあるのでご注意を。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お問い合わせを。ただクラス内容についてのお問い合わせは受付けていない。このブログ並びにドクター苫米地ワークスDVDの内容からご判断を。延べ1500人を超える医療系並びに一般参加者の両方から内容については常に高評価を受けている。ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされることを事前に了承したひとのみお問い合わせを。

実技中心のクラスなので、ワークスDVDは第4作まで見終わってから参加して欲しい。ただ、間に合わない場合も、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。ワークスDVDのサイトは、 http://www.maxpec.net/

VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスでカバーするクライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。ただ、震災から長く経ち、トラウマ記憶が既に長期記憶化してる場合が多く、VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスは、長期記憶を防ぐ介入的方法と、長期記憶化されてしまったトラウマ記憶に介入的に働きかける両方の方法を学ぶ。

クライシスサイコロジーの定義は、米国CDC(疾病予防管理センター)に定義がある。

医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。


受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。



ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』と『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。また、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。



追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えてコーチングの資格を認定するもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。



人気動画:

博士の自由な対談約1時間50分



ニコ動e国政対談約2時間


Tech総研インタビュー


・コグニティブリサーチラボのiPhone・ipod touchアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

『望む未来を本当に実現する脳と心のプログラム』発売中全て私の声で吹き込んである。CD2枚組版とダウンロード版がある。音学.comのページからダウンロードできる。





Dr. Hideto Tomabechi can be
contacted in English at:
tomabechi.pr@gmail.com



フォレスト出版から『英語脳』DVDが発売中。
購入は以下のサイトか全国の書店で出来る。

http://www.forestpub.co.jp/eigo7/


特にアクセスが多い記事↓↓ 

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)


『世界金融危機について』


空の分析哲学定義日本語版
苫米地英人



Defining "Emptiness"



このブログのフォローアップはtwitterでします。@DrTomaechi
ブログ内の記事検索
  • ライブドアブログ