木村剛氏によると、

『警察庁で管理職をしている友人に聞きますと、、(電車で)「とにかく、痴漢に間違われたら、振り切って逃げること。俺は何もしていないから大丈夫などといって、警察に行ったら逮捕されてしまう。無実の証明ほど難しいものはなく、被害者が『私は触られた』と主張している以上、警察としては拘置するしかない」などと言っているんですから・・・。』

ということだ。これって、逆にいえば、アルバイトの女性を雇って、痴漢されたふりさせて、とりあえず警察に拘置、そして、マスコミにリークして、東スポあたりで一面トップみたいなお仕置きができるということか? 一度、マスコミに出れば、後で、「容疑が固まらない」とかいうことで釈放されても、もう遅いし。特に、数人更にアルバイト雇って、目撃者として電車に乗せておけば、完全に嵌められるということではないか。これ読んで、早速、潰したい相手にやってやろうと思ってるやつ沢山いるんでは。特にこれからの総会シーズン。

痴漢で逮捕されて、ワイドショーとかに垂れ流しされたら、社会的にアウトでしょ、普通。

というか、警察の一部が、小杉問題で対立してた時、「苫米地英人を逮捕しろ」と騒いでいたことがあったらしいけど、同じような手でよく逮捕されなかったものだ。これも、逆の意味で、マスコミのおかげかな。

振り切って逃げ切れなかったら、かえってやばいのではとも思うのだけど、実際のところ、どうなのだろうか。

堀江君、狙われてそうだから、帰国したら、決して電車には乗らないように!!

そういうことなら、危機管理としてハイヤー通勤させろと、会社に言えそうだと思った人もクリック!→