戦場ジャーナリストの長井健司さんがミャンマーで亡くなった。彼とは交友があった。紛争地取材での巻き添えは戦場ジャーナリストの常とはいえ、極めて優秀な戦場ジャーナリストであっただけに非常に残念だ。心臓を銃弾が貫通していたということだが、紛争地取材のプロであり経験豊かな長井さんであることから考えると、「偶然」ではなく、取材を妨害するために狙い撃ちされたのではなかろうか。

「誰かがいかねばならない」と紛争地域に出かけていった長井さんがかつて担いだベータカムが、縁あって現在私の手元にある。  

長井さんのご冥福を祈る。